2009年1月18日 (日)

DLA5-2 製作補足4

エルロン切り出し作業についてです。

私はVカットしませんので1回しか切りません(あとでコアをつぶすためにコアとスキンの間にナイフは入れますが)。
※一動作で切るという意味ではありません。10回ぐらいカッターでなぞります。

このカット作業はコアを凹ませずに行えればベストですが、経験上どうしても凹みます。
なので、極力凹ませないように努力した上、カット後に低温でアイロンをかけて凹みを直してしまいます。
要はごまかせればいいんです。

ヒンジの加工はその後行います。ここで凹ませたときも逐次アイロンで直します。
最後にアイロンをかけないのは、舵面側の角を丸めたのまで戻ってしまうからです。

★直貼り部材に対してアイロンを使う場合の温度設定は重要です。
安易に主要部材で試さず、必ずテストピースでなどで行ってください。
アイロンはさっとなでて凹みが直らなければそれまでです。あきらめてください。
温度超過で荒れてしまった場合もそれまでです。

※なお、A5-2を運用していて感じました。

・尾翼はバルサリブ組みの方が良い
・尾翼リンケージは糸の方が良い
・ペグは(200g前後であっても)パイプの方が良い
・プロポは軽い方が良い

次回作はこれをふまえた仕様になるでしょう。
今のA5-2も余裕ができ次第バルサ尾翼に変更します。
プロポは現状のPCM9XIIからRD8000に戻す予定です。
PCM9XIIは片手で掴みづらい、ランチ中に親指付け根でスイッチを押してしまう、タイマーが見えにくい、などの点が気になり、SAL機での使用感になじめませんでした。
アンテナのイナーシャが大きい点は2.4GHzにすれば除去できるのですが。

| | コメント (0)

2008年12月30日 (火)

気になっている

バルサキット大好き人間には気になります。

FineworxのMiles 2m(リンクは本家より写真の多いケネディコンポジッツ)
http://www.kennedycomposites.com/miles.htm

DeckerのSpinnin Birdy Contest
http://www.aff-cnc.de/de/Model/Segler%10HLG/Spinnin%20Birdy%20Contest/
すごい無理矢理なバルサキットだけど形がきれい。
ここにはCallisticとかYodaみたいな魅力的なキットがあります。

リブ組みもサンディングもフィルム貼りも大好きです(しかしメカ積みは大嫌い)。
バルサキットをなかなか作れないのは、とりかかると片付けにくいからです。
作業場は机と床しかないのです。あと、風呂場。

| | コメント (0)

2008年12月28日 (日)

遅ればせながら

DLA5-2の修理と再セッティングを行いました。
エレベータサーボをデジタルとし、エルロンをまともに動くようにしました。
また、ポッドの主翼下の開口部周辺を若干補強しました。

重量は189gとなり、重心は1㎜前に移動しました。
完成は17時。ちょうど日没です。本山の忘年飛行会に間に合いませんでした。
さて飛びはいかに。


これはすごい。エレベータがしっかりしたらまったく違うよ!
5g増えたのも良い方に作用したようです。
岡本さんが「HL-1史上最高の飛び」と言っていた意味をようやく理解しました。
DLA5-2は間違いなく過去最高です。
これならどんな条件でもDLA4ライトに対して優位に立てます。

なぜ最初からこうしなかったのかと思うのはいつものことです。
しかしこういう失敗は気にしません。
挑んだからこそ成功したアイデアもちゃんとあるからです。
しかし競技会直前まで完成しないのはもう少しなんとかしないといけませんね。

重心は73㎜~74㎜を勧めておきます。75㎜は難しいです。

| | コメント (0)

DLA5-2 製作補足3

Dla52121 DLA5-2を標準的な方法で組んだ機体です。
サーボはTS1002×3、HB202デジタル×1。電池は250mAhの1セル。
リンケージは全ロッド。
重量は197gです。

Dla52122 カーボン製のバラストルームを設けています。

ポッドは研磨し、樹脂を塗って仕上げました。

Dla52123 メカの配置はこのような感じです。

最前方(右)がデジタルサーボ。

Dla52124 ペグ(写真は上下逆)は内側にバルサを貼っています。

翼端からペグをつらぬくカーボンロッドが刺さっているのは制作時に示しました。

Dla52125 前方からペグを見るとこのような感じです。

位置はこのあたりが好みです。
ここらへんはお好みで。

Dla52129 今回の主翼の仕上がりはなかなかのものです。

| | コメント (0)

2008年12月27日 (土)

DLA5-2製作 補足2

Dla521101 Dla521102 アーチホーンはこのようになっています。

空気抵抗の点でもあまり良いことはなさそうですね…。
糸はPE5号。PEラインはメーカーによって縒りに差がありますので、使われる方は良く選んでください。号数の割に細く見えるものがよいです。
なおPEラインは低温で伸びるという不思議な性質があります。寒い朝はわずかにゆるみます。

Dla521110
糸のターンポイントです。リンケージパイプの切れ端です。
必ず、テールパイプに接するように設置してください。
さもないと糸のテンションで前に移動したりします。
ターンポイントからの脱線を心配する方がいますが、全く経験がありません。
糸はカーボンパイプに接していますので、まず外れる方向には動きません。
なお、ラダーホーン周辺はマイクログラス補強してテンションで前に行かないようにしてあります。

直貼りの場合、ターンポイントの接着は樹脂で行ってください。エポキシ接着剤は糸に対して抵抗になります。もちろん、接着剤がはみ出さないに超したことはありません。アルコールではみ出た分を拭き取ります。
バルサの尾翼なら瞬間でいいんですが。

Dla521105 主翼はこのような仕上がりになっています。

継ぎ目だけはピカピカですが、A5-2では重量増を嫌って前縁の目止めまでは行っていません。

Dla521109 蛍光灯に向けるとこんな感じです。

ペグの形がおかしいですが、これはペグに貼ったバルサを整形する前だからです。
ネジは皿ビスが好きになれないので低頭ビスを使用。ただし舐めやすいのが難点です。皿ビスを嫌うのはネジ受けの加工が面倒なため。

Dla521104 ロッドリンクをする場合の参考画像も載せておきます。

ロッドでリンクすると、デジタルサーボ分も含めて7g増加します。
また、テールを延長するとバラスト無しでは重心が来ません。
1110㎜の標準全長で組立てています。

このリンクでの製作は、はっきり言って糸の数倍の手間がかかります。
糸は簡単なのです。

Dla521106 ロッドリンクの場合のメカ搭載例です。受信機と電池が機首に入ります。
サーボは先端に収めず、このように開口部に搭載した方が整備性がいいです。

2.4Gエクストラアンテナはサーボの後方上に収まります。
テールリンクは鞘に収めてまとめています。
なおこの作例は195g程度です。

ところで糸リンクはテールパイプのしなりの影響を受けるといった話を聞きました。
しかし私はそうは思いません。
糸は常に最短距離を通ります。パイプの中では浮いていますので、パイプのしなりの影響は受けません。また、しなりによる全長の変化の影響は私にはわかりません。

| | コメント (0)

2008年12月25日 (木)

作業再開

年末進行が一段落して、グライダー関係の作業を再開しました。
DLA5-2の新しい写真は後日UPします。

ところで先日のカップを振り返るにつけ、惜しいことをしたと反省しきりです。

当日使ったDLA5-2はエルロンがほとんど上に動かない仕様でした。
上に動くのは3㎜だけで、ネガキャン分だけです。
旋回はほとんどラダーに依存する機体だったのです。主翼は1サーボにしようかと思ったほどでした。
上反角は20㎜多く、テールも40㎜長く製作していました。

これは前作DLA4ライトがラダーだけで充分飛行可能だったことをふまえたためです。
気流の穏やかな条件ではこれで充分なのですが、競技当日の荒れた気流の中ではほとんど何も出来ませんでした。

ただ、風の中でもほぼフルパワーのランチに耐えることはわかりました。
エルロンを通常のVカットレスに修正します。合わせて、エレベータにデジタルサーボを復帰させます。ピッチング癖は洗流に加えてサーボが遅いことも原因とわかりました。

なお、DLA5-2の一番おいしい重量は205g以上、215gぐらいかなという気がしています。
十分なバラストを積めるように改修することも考えています。

◆実機の世界ではシェンプ・ヒルトの新型機、Arcusが発表されました。
フラップドタンデム20mで、ヤーヌスの後継になります。
アンタレス電動グライダーを生産するランゲ社とのコラボで、電動版も計画されているということです。
なおランゲは一度資金繰りに行き詰まって民事再生中です。
気になる方はシェンプのページ
デュオディスカスをすごくした感じです。

| | コメント (1)

2008年12月17日 (水)

DLA5-2製作 補足1

Dla52111 今回採用したパイプ直づけ尾翼です。
この形式はDLA3でも用いました。
ランチ時のパイプのねじれを抑えることを狙っています。
実際、ランチの写真を見てもパイプのねじれはほとんど見られません。

ただし、DLA5-2に関してはこの位置では主翼洗流に覆われることが明らかになりました。
このためサーマリング中に不快なピッチングが生じます。
DLA3では下側に配しましたが、このようなことはありませんでした。

尾翼の下側をパイプに合わせて削り、接着して下からカーボンを貼ります。
このときパイプと尾翼の谷間をきちんと埋めるようにしてください。さもないと剥離して尾翼が分解します。

A52903 左右のエレベータの間はパイプをまたぐアーチ型エレベータホーンでつなぎます。
カーボンクロスを積層してフォルダの切れ端に挟み、バルサの型に沿わせて曲げて固定します。
これをビニール袋に入れ、圧力鍋へ。15分でカチカチに完全硬化します。
さすが高温高圧。小物は圧力鍋を使えば硬化時間を節約できます。
削る方に時間がかかりますが。
アーチホーンの重量は0.3g。右は他の機体に使うカーブドホーン。

ところで、尾翼を分割すると操舵時の抵抗が増えますので、積極的にこの方法を使う意味はほとんどありません。人と違ったことがしたかっただけです。
1gに満たない尾翼ステイを省く意味もほとんどありません。
尾翼ステイを嫌うにしても、尾翼を後端に配して尾翼分割を避け、垂直尾翼を前に配する方が健全です(動翼は上下いずれかのみとする)。

| | コメント (0)

2008年12月16日 (火)

今年の締めくくり(写真無し)

第31回るうむカップに参加してきました。
当日だけの参加でしたが、各地から集まった多くの方と交流できたことがとても有意義でした。
皆様当日はありがとうございました。

さて、ひさしぶりの競技会は反省すべきことばかりでした。

・飛行中は常に視野狭窄状態に陥っていました。
他機を観察していてたびたび自機を見失ったため早々にこれをあきらめ、助手に頼り切りでした。視野が狭くなっていたため、空中衝突も生じました。
緊張から余裕がなくなっていたものと思われます。助手のあらぽんにはかなりの負担を強いてしまいました。
これは競技に続けて出ることで勘を取り戻していくほかありません。

・自機は調整不足で性能を全く引き出せませんでした。
風の中でテストしていなかったA5-2は舵角がまったく不足し、乱流下で抑えが効きません。
時間が少なかったことはしかたないにしても、想像力が足りなかったと言えるでしょう。
余裕を持たせたセッティングをすべきという教訓を得ました。

・さらには、あろうことかバンド札を取らずに電波を出すという、出入り禁止もののミスまで犯しました。
常日頃、たった一人で手前勝手に飛ばしてるからこういうことになるのです。
考えを正さなければ、私は早晩このすばらしい趣味と仲間を失ってしまうでしょう。

結果は一応上位に入ったように見えますが、運が大きく作用する荒れた条件だったためと、調整不足ながらもA5-2の優れた浮きに助けられたためにほかなりません。決勝に残れる飛びではなかったと思っています。

一度優勝したヨシダさんのジャッジにつかせてもらいましたが、技量でずいぶん引き離されたことを痛感しました。

しかしこれらの反省が来年へのモチベーションになります。この趣味を愛して止まない由縁です。

| | コメント (2)

2008年12月11日 (木)

A5-2初飛行

A52901 飛ばしてきました。

新しい試みの一つはこれではまずいということになりました。
問題が出た点は従来の方法に改めて、闇に葬ります。

飛びですが、軽いなあっていうのと良く上がるなあっていうこと以外はまだはっきりした印象ではないのですが、以下暫定インプレです。

今日見た限りでも明らかにA4ライトより速い。
しかし前のA5ほど高速でぬるぬる飛び回る感じではない。これは軽量のせいか。

デジタルサーボを廃止したのはやはりかなり痛い。
応答速度を始めとするフィーリングはガタ落ちです。重量ペナルティを払っても早晩デジタルに戻すことになるでしょう。

ランチは6割まで。高度は目測40程度。上昇姿勢での伸びが印象的です。
指への負担は軽く、体感ではミニSALレベルです。フィンガーガードは不要と感じます。

設計の重心75㎜はほぼ後方限界と感じます。

修正が終わってテストできるのが土曜日朝。ここで9割ランチにチャレンジです。
壊れてくれるなよ~

A52902

| | コメント (0)

2008年12月10日 (水)

DLA5-2製作 その9(写真無し)

リンケージが終了し、機体は完成しました。

人に勧められないような実験的な要素をいくつか盛り込みましたので、写真はテストが終了するまで公開いたしません(カップの前に壊れて使用不能となった場合は公開しますが)。
見せたら設計者に怒られるんではないかとちょっとビクビクしてます。

一般的な製作に有益な箇所につきましては、後ほど補足しようと思います。

飛行重量は重心を設計値の75㎜とした状態で 183g となりました。
ただし重心位置をいじれば変動します。

この重量は先述したエアフレーム重量から推測できた方もおられると思います。製作開始前は180gを切ることができると見込んでいたのですが、これは達成できませんでした。

このキットは特に軽いものを作ってもらったわけでも選んだわけでもありませんので、このような重量は製作次第で達成可能です。
ただし特に軽く作る効果があるかはまだわかりません。
A5-2の想定飛行重量は210g程度ということですので、前に出なくなることは容易に予想されます。

前作A4ライトよりも14g、TS1002サーボにして3個分近く軽くなりました。
どういう飛びをしてくれるか楽しみ…の前に、無事にテストが終了して競技にデビューできることを祈るばかりです。

| | コメント (0)