2017年6月 3日 (土)

古文の苦手な高校生たちへ

古文は文法が面倒くさいので、いきなり挫折する人が多いようです。
しかも、教科書の取り上げる文章の内容がいまいち面白くありません。
でも古文には面白い文章がたくさんあります。

古文の面白さは、当時と今との違いではなく、むしろ当時と今とが同じところを見つけるところにあると思っています。千年前でもやっぱり日本人なんだなあというところが山ほど見つかる、それが古文の一つの面白さです。

私のおすすめ勉強法は、対訳付きのものを多く読みながら同時に文法の学習を進め、対訳付きを読んでいく中で発見的に文法を身に着けていくというやり方です。
原文の中で気づいた助動詞の意味は確実に身につきます。
とにかく訳の付いた原文をたくさん読んで、慣れてみてください。

逆に文法を一通り覚えてから文章に取り掛かる、というのは記憶力の怪物だけにしかできませんのでやめましょう。

対訳はできればあまり意訳しないで、直訳に近いものがいいでしょう。古文の先生に聞いてみてください(昔は旺文社文庫という良い本があったのですが)。
とっかかりは平安時代のものをすすめます。なかでも今昔物語集(本朝世俗部)や枕草子をおすすめします。これらは何より内容が面白いので楽しく読み進められます。

文法はまず品詞の「定義」を覚えてください。助動詞活用表を覚える以前に、そもそも「助動詞」とは何かを説明できない人が多いのです。これは中学校の現代文で習いますので便覧をよく見て頭に叩き込みます。

品詞のうち名詞と動詞は誰でも知っていますが、それ以外が大事です。日本語は名詞と動詞だけでは意味が通じません。これは現代文も古文も同じです。

たとえば、彼女・星・見る というふうに名詞と動詞を並べただけでは、言いたいことを正しく伝えられません。
実は、(私は)彼女「と」星「を」見「たい」と言いたかったのかもしれません。
こういうふうに、助詞と助動詞を補って初めて正しい意味が伝わります。
それがわかってから単語を覚えていきます。

次のステップは活用と、何型に接続するかを覚えることです。
接続の覚え方は(万一)質問があれば書きます。

以上

| | コメント (0)

2013年12月23日 (月)

オイカワ塩焼き

Dsc02722ウロコとワタを取ったあと。よく太ってます。

昨日の競技会のせいでまだ背中が痛いです。

今日は家の近くの用水へ歩いてハエ釣りに。
ポイントまでの距離は約50m。DLGも歩いて飛ばしに行きますが、それよりずっと近いです。

ブルーフォームで自作したウキで浮き釣り。20分ほどで10尾前後釣れました。大きいのだけ選んで持ち帰りました。

塩とブラシでぬめりをよく洗い流し、串を打って塩焼きで賞味しました。
皮目にはほのかに海苔を焼いたような良い香りがして、嫌なくさみは皆無。
脂がのって大変おいしいです。
型がよいので中骨は取らなきゃいけませんが、腹骨は食べられます。

尾びれと尻びれに残ったぬめりが臭みの元になることがあります。
釣った魚を調理する際はヒレのぬめりもよく落とすといいでしょう。

| | コメント (0)

2012年3月11日 (日)

ペーパークラフト

ペーパークラフトは昔よく作っていました。
キットも自作も作りました。
今でもいくつか残っています。

ペーパークラフトにも工作のエッセンスは多く含まれます。
正確なカッティング、丁寧な折り、丸めるためのしごき、そして上手な糊付けなどです。
現物合わせもかなり必要になります。

最近はコンピュータで作成されたキットが多く、手描きされたペーパークラフトはほとんど見なくなりました。精度は昔よりずっと良くなっていることでしょう。
現物合わせの苦労はだいぶ緩和されたはずです。

ネットのおかげで、いろいろなキットを目にすることが出来るようになりました。

今回取り上げるのは大規模な有料キットです。
まずこちら。
http://www.tvc-15.com/

昔、怪しげな立体駐車場ビルの4階だったかに入っていたガレージキットのお店がありました。
私はその雰囲気が好きで、買うお金もほとんどないのによく出入りしてました(ガレージキットは中高生には高いのですよ)。
その店長さんのブランドがTVC-15です。
有名な版権もののガレージキットをリリースされていましたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

店長には長いことお目にかかっていません。
そういえば20年以上前、今後ペーパークラフトに取り組むというお話を耳に挟んだことがあったような。

サターンロケットは強く心惹かれるものがあります。
製作はかなり腰を据えてやる必要がありそうです。

また、マーキュリーカプセルも魅力的です。
ライトスタッフが好きな人にもおすすめです。
フェイス・セブンはライトスタッフのエンディングでゴードン・クーパーが搭乗しました。ロケットが蒼穹を駆け征く感動的なフィナーレを飾ったそのカプセルです。
なおゴードン・クーパー氏は2004年に死去しています。

次にこちら。
http://www.digitalnavy.com/

有名ですね。デジタルネービー。艦船模型です。
こちらもいろいろありますが、戦艦扶桑と重巡高雄が惹かれます。
こちらのメーカーは高雄については「白鳥のごとき優美さ」と称えています。
そのほか無料のキットもありますよ。

| | コメント (1)

2009年8月10日 (月)

雨の日本海

土曜日夕方から友人と日本海(北条砂丘)で釣りをしてきました。
シロギスの群れが接岸しており、岸から10m以内でどんどん釣れます。
釣れたキスに針を付けて投げ込んでおくと1m近いダツが2尾釣れました(1尾はリリース)。

土曜に釣れたキスとダツは釣り場でおろし、キスは宿舎でてんぷらに。
ダツは冷凍して持ち帰りました。

日曜は早朝から釣り始めましたがすぐに大雨に。
大雨と同時にキスの群れが回遊してきて、岸から5mで入れ食いです。
寒くなったのでいくらか確保したところで退散しました。

帰りに温泉に浸かり、食事をしていたのですが、ちょうどそこに石破茂農水大臣が表れてびっくりしました。地元なのは存じていましたが。

ダツは5枚おろしにして丁寧に小骨を取り除き、キスとともに天ぷらにしました。
これが大変美味。はっきり言ってキスよりおいしかったです。
なぜか食味の評価の低い魚のようですが、これは不当です。
また、中落ちはだしを取るとこれまた極めて上品で美味。何の臭みもありません。
最高のお吸い物になりました。
なお、ダツの骨は鮮やかなエメラルドグリーンで、見慣れないとちょっと怖いかも知れません。
しかし実はサンマの骨も青いものがありますよ。

ダツが釣れた場合は釣り場で頭と内臓を取り除き、背骨の脇の血を良く洗い流しておくとよいでしょう。

| | コメント (0)

2009年7月 6日 (月)

7月5日の釣果

090705a 朝の5時半から昼前まで二人で釣った釣果です。
どうもまだ牛窓のキスはポイントが遠く、型も小さいようです。
今回は6色(150m~)でようやく小さいものを確保できました。
遠投できる竿は1本しかなく、数が稼げませんでした。

中段の茶色いのはなんとオニオコゼです。高級魚登場です。突堤の足下で釣れました。背中が白いのは釣り場で危険なトゲを切り取ったからです。
この魚は唐揚げに。

代表的なベラのキュウセンが3尾。この魚は当地ではギザミと呼ばれてよく食べられる魚です。スーパーにも並んでいます。
軽く焼いた後煮付けると上品な白身を香ばしく味わえます。
試していませんが刺身でも美味しいそうです。

牛窓海水浴場は営業が始まっていましたので、ここでは釣ることはしませんでした。

| | コメント (0)

2008年1月 7日 (月)

正月の釣り×2

080101z<元日>

毎年、古い友人と釣りをしながら初日の出を拝むことにしています。
今年は、瀬戸内海の島にフェリーで渡りました。写真は釣り場で写したご来光です。気温はこの時期には珍しい零下です。エサをつける手が凍えます。

島の岸壁に車をつけ、日の出前から投げ釣りをします。一人あたり3本、計6本の竿を出します。目の前(写真左)には向かいの小島があります。
釣り場は島と島の間200mほどの小さな海峡です。変化に富んだ海底で、多様な魚が狙えます。

エサは青虫と本虫を使用しました。130m前後(テンビン25号、道糸PE1号、力糸ナイロンテーパー4~12号)のほか、70m前後(テンビン15号)、30m前後(テンビン6号)にエサを投入します。釣果は以下の写真のとおりです。

080101a 24cmのマコガレイが一番近い竿の第2投にヒットしました。わりと良い型のキスは最も遠い竿にきました。タイはスーパーで売っているレンコダイのサイズに近い、塩焼きに適した朝食サイズです。このサイズなら釣れればうれしいです。

<1月5日>

東京から帰省中の弟と、元日とは違う島に渡って釣りをしました。弟が東京に戻る前に実家ならではの遊びがしたいというので、午後から急遽瀬戸内の島に繰り出したのです。

岩場を渡り歩きながらソフトルアーで穴釣りです。午後3時に島に到着、それから2時間の釣果です。

080105a 一番上のクジメは25cmです。その下と一番下はタケノコメバル、3番目はムラソイです。小さなのはエサに来たマハゼです。

煮付けて夕食のおかずにしました。新鮮な海の幸は最高の贅沢です。
瀬戸内海と、魚およびエサたちの命に感謝しつつおいしくいただきました。

補足:クジメは近縁種のアイナメに比べて食味が劣ると言われていますが、まずい魚ではありません。アイナメの方がやや肉質が繊細で甘みが強いかな、という程度です。クジメの方が浅場で釣れる気がします。

|

2007年5月26日 (土)

プラモデル用接着剤

グライダーのプラモデルを組み立てています。
ポーランド製のSZD-19-2ゼフィールとSZD-16、それにブラニクと萩原H-22Bです。
4機同時なのはそれぞれちまちまと進めているからです。

先日、後輩とプラモの話をしていたのですが。
後輩「プラモ用接着剤って使いにくくないですか?すぐ乾いちゃって…」
私「…そう?」
後輩「艦船なんかでハルを合わせるのや、飛行機の胴体みたいな長い部品を接着するのって無理じゃないですか?」(ハルっていう用語を知っているのは彼がヨット乗りのためです)

そこで気付いたのですが、どうも彼は接着剤を塗って乾くまでの間に貼り合わせないといけないと思っていたようなのです。
なるほどそれは無理と言うものです。あの接着剤は両面に3回ずつぐらい塗って使います。
私は模型屋さんや近所のお兄さんに教わったと思います。

パーツの接着面に交互に3回(以上)ずつハケで接着剤を塗ります。時間をかけても構いません。
すると接着時にむにっと両側が溶けて貼り合わせ面がわずかに盛り上がります。こうなれば接着成功です。
あの接着剤は部材を溶かして接着します。プラモデルの素材は溶剤で侵されるポリスチレン製なのです。
パーツを押さえたら二晩置き、溶剤が飛ぶのを待って貼り合せたラインを磨きます。うまくいけば貼り合せ面をパテ埋めする必要はありません。

|

2007年3月15日 (木)

魚釣り

 といっても最近は行っていません。ひさしぶりに生きた魚の顔が見たいものです。

 私は主に海で陸っぱりの投げ釣り&ルアーを楽しんでいます。投げ釣りの対象はキス、カレイ、アイナメ、イシモチ、イイダコなど食べられるものは何でも。基本的に狩猟本能と腹を満たすためだけの釣りなので、原則リリースはしません。幼魚以外は自然に感謝しておいしくいただくことにしています。新鮮な魚は本当においしいですよ。私は子供のころ釣りを始めてから魚を食べるのが好きになりました。

 毎年初日の出は古い友人と釣り場で迎えるのが習慣になっています。今年はフェリーで車ごと島に渡り、夜明け前から釣り始めました。釣果は好サイズのマコガレイとキスなど6目10尾ほど。海からのご来光も見えてよい年明けになりました(喪中ですが)。

 冬から春先の釣り場は夜が明けて風が出始めると寒いので、カイロなどの暖が欠かせません。わたしは使い捨てではなくハクキンカイロまたはJIPPOオイルを利用するハンドウォーマーを愛用しています。北海道生まれの母親の勧めです。燃料を使うカイロは冷たい手でもんでも温度の回復が早く、持続時間も長いのが強みです。最近はこれらの商品の広告をよく見かけるようになりました。見直され始めているのでしょうか(カイロはRCグライダーをする際にも便利ですよ)。

 ルアーでもいろいろな魚を狙います。穴釣りではムラソイやカサゴ、アイナメなどのロックフィッシュが、サーフキャストで大アジやツバス(幼ブリ)、ダツなど青物が、サーフジギングではスズキが、ソフトルアーのジギングではメバルが釣れます。そのほかエギを使ったイカ釣りも行います。

 釣り場は主に日本海ですが、最近は地元の瀬戸内海でも釣りをするようになりました。釣果は同じ時間同じ釣り方で釣れば、日本海5:瀬戸内海1という印象です。魚影の問題なのか釣り方の問題なのかは不明です。

|