2012年4月11日 (水)

ようやく読めた

藤子・F・不二雄大全集が刊行されています。

このほどタイムパトロールぼんの3巻(完結)が出版され、過去のコミックスに未収録のエピソードを読むことが出来ました。

この作品が連載された雑誌は流通が少なく、雑誌で読む機会が少なかったのです。

不定期の連載であったことに加えてさらに流通量が減ったのか、最後(本作は筆者の逝去によって終わっているためストーリーの終盤ではない)の二話は書店を巡っても雑誌に巡り会えず、それっきりになっていました。

それが1986年のこと。

今回新たに収録されたのは、まさにその読めなかった最後の二話を含みます。
本作のファンなら、今回収録された「王妃ネフェルティティ」のためだけに買っても損はしないでしょう。

小学館 1,600円

| | コメント (0)