2010年1月29日 (金)

上達法を探る 05

020405t 今回から判断能力の話に入っていきます。

おさらい

サーマルグライダーの本質は、見えない空気の機微を能動的に探って読み解き、それを利用することにあります。グライダーはそのための道具です。

サーマルが見えないことは始めたばかりの人を大いに苦しめる要素です。しかし、見えないということは、そのうちに苦ではなくなります。見えないものを自在に利用する楽しさの要素になりうるわけです。

さて、02回で書いたようにサーマルグライダーで言うところの能力は大きく判断能力と操作能力に分かれます。
判断能力は「いつどこでどのように」機体を動かすか、を判断する能力です。

良い判断基準の形成が目標

それでは判断能力について練習のしかたを考えましょう。
判断能力を向上させるというのは、すなわち自分の中に実践に耐える判断基準を持つということです。
フィールドでよく聞く「そこサーマルだ」とか「ウェーブかな」などという結論は、その人が状況と機体から送られるビジュアルな合図を自分の判断基準にあてはめて得られたものです。
この判断基準を形成し、洗練していこうというわけです。

そのために私が考える練習の指針は、A.基本的原理を理解すること、そしてB.経験を正しく分析し、その結果を蓄積することを通じて、最終的に良い判断基準を形成しようというものです。

言葉が難しくなりましたので簡単にします。

A「基本的原理の理解」は、機体と気象の双方についてです。講学上の知識ではなく実践レベルで体感するために要求されるものですから、素人レベルでも間違ってさえいなければOKだと思います。そして、科学的原理のうち、機体自体に関する部分はすでに製品自体や説明書にかなり織り込まれています。したがって必ずしも全て理解しなくてもいいのですが、自作を目指す人は勉強することが必要でしょう。

B「経験の正しい分析とその結果の蓄積」は、最後の良い判断基準を作るという点が到達点になることを念頭に置いておきます。

現在の状況を判断基準に当てはめて瞬間的に判断し、行動に移すことができるようになるればいいわけです。トンビはこれを無意識に行うのでしょうが、この営みを知的に行わなければいけないのが、人間の飛ばすサーマルグライダーです。

判断基準はいいものをたくさん持っているほど有利ということになります。
この判断基準というのは、サーマルを見分けるレンズのようなものです。なぜレンズにたとえたかというと、01回で書いた「合図」を見て読み解くことが必要だからです。そしてこの判断基準=レンズは、知識の正しさと経験の正しい分析・蓄積によって形作られ、磨かれます。上手な人はレンズの解像度が高いのと同じなわけです(「サーマルが見えるメガネ」などとよく冗談で言われますね)。

二つの要素のうちBの要素が練習の上で特に大事な本質だということを認識してください。Bの要素は必ず自力で一定の量をこなすことが必要なので、ここで差がついていきます。

ではについてもう少し詳しく分析して話をします。
①「経験の正しい分析」と、②「分析結果の蓄積」、これがBの内容です。

元になる素材は「経験」です。この素材をどう料理するかが大事なわけです。
まず、この料理の素材をとにかくたくさん用意してください。他人のフライトを見ることも経験に含めて良いでしょう。
ただし、経験は時間を費やすだけでは足りません。後で分析できるように、素直な(思い込みを排した)目でよく(ただし広い視野で)観察してください。そのとき、間違った知識が入っていると経験にバイアスがかかってしまいますから要注意です。

経験を増やすには、今までやっていなかった飛ばし方も試してください。先述したように機体に出来ることを把握することは重要ですし、また無駄なことを無駄と実感することも重要な経験だと思います。

 さて、ではまず得た経験の分析について説明します。
経験といっても生の素材だけでは何も得られませんから、これを01回で書いた「合図」の観点からよく見直します。これが分析です。この作業は現場でもフライト中に、あるいはフライト後にしますし、家に帰ってからもします。最終的にその場でできるようになることが目標です。
たとえばあの挙動は、あの舵の効きの変化はなんだったのか?あの風向きの変化や体感気温の変化はなんだったのか?これをできるだけ分析して、知識に照らしあわせます。そして、自分で挙動の「理由」を想像してみてください。このとき、気象の知識をベースに想像します。
「あの動きは、上昇気流周辺に生じるという乱流によるものだったのかもしれない。」とか、「あそこで上昇気流から外れたらしい。」「風が止まって暖かく感じたのは自分のいる場所でサーマルが発生したときだったのかも」とか。
もしもフライト中に判断できたら、その場で、あるいは次のフライトでその判断をたよりに行動に移してみてください。その行動の結果もまた、さらに分析の対象になる経験となるわけです。「どうも今の判断は間違っていたようだ。」あるいは「さっきの考えは正しかったらしい。」という具合に。

また、他人から直接聞いて得た判断基準がうまく使えるかどうか、これもまた経験です。

※このとき、わからないことは無理に結論づけず、謙虚に保留して(ただの経験という素材のままにして)おいてください。また、自分の結論が間違っていることも多いので、思い込みを捨てて常に謙虚に修正する心構えが必要です。簡単に、あるいはたった一つの理由によって結論付けられる現象は多くはないのです。

 このようにして得た多くの経験がサーマルを見るレンズを形成し、磨いていきます。わからなくて保留したことも、いずれ他の経験をヒントに解かれていくでしょう。

こうして実際にあなたの中に形作られた判断基準は、簡単には言い表せないものになっていくでしょう。すると「テールが上がっていればサーマル」のようなよく言われる判断基準は、万能ではないということがわかるはずです(例えば機体が真上にいるときには使えません)。一言で語られる判断基準は、一定の条件下という限定付きで参考になる指標にすぎないということです。
もちろん、よく言われる指標はもっとも体感しやすいものでしょうから、重視してもらって構いません。しかし、それが全てではないし実際飛ばす条件に合致するとは限らないということを良く認識してください。

今回はここまでにしておきます。

| | コメント (2)

2010年1月 9日 (土)

上達法を探る 04

コメントへの返信が滞っています。申し訳ございません。Dsc00022
4回目です。

操作能力の補足をもう少し続けます。
なお先のメニューの練習ですが、高度に不安がある方はショックコードで揚げる機体などでおこなっていただいて構いません。

※ DLGはショックコードで揚げないように注意してください。DLGは主翼の曲げ剛性を重視されませんので、ショックコードで揚げるとわりと簡単に主翼が折れます。
※ 同様の理由から、超高速からいきなりフルアップを引くような過激な宙返りは危険です。

今回は旋回にまつわる錯覚について考察してみます。

風があるとき

無風時のサーマル旋回は丸くすることを目標とします。
※ 実際にはサーマルのコアを探しながら円を変形させますが、修正を行わないあいだはリズムよく一定の周回を行うことを目標にしてみましょう。

風が出てきたときは注意が必要です。

100107

風が吹いたとき、同じように旋回している機体を地上から見るとこんな感じになるはずです。
ポイントは機首が風上や風下に向き始めるときに速度の錯覚を起こしやすい点です。これも前回書いたピッチングを生む元になります。

錯覚は「機速」について生じます。見た目から完全な対気速度を知ることは出来ませんので、この錯覚は慣れても完全には消し去ることは難しいものです。そこで、チェックするポイントを変えてみましょう。

前回述べた「旋回の外側の翼端が走っているか」です。
風で流されようと、一定のバンクで速度を保って旋回を続けていれば、旋回の外側の翼端は同じように円を描いて走っていきます。
一周にかかる時間(=旋回のリズム)も変わらないはずです。
この翼端が走っているかどうかは、機速の指標にもなるのです。
繰り返しになりますが、旋回のときは外側の翼端を注意して見るようにしてみるといいでしょう。
ただし他のポイントも忘れずチェックしてください。

ところで私の場合、風の中での対気速度は、姿勢のほかは主に舵の効き具合から推測しています。
ただし舵の効き具合はサーマルや下降気流の中でも変わると思いますので注意が必要です。

向こう向きと手前向き

旋回についてもう一つ注意すべき点があります。

「自分から離れる方向」に機首が向くときと、「自分のいる方向」に機首が向くときに錯覚によってピッチングを生じやすいのです。

100108a具体的には、自分から離れる方向に向くときに上を向いて減速してしまう人が見受けられます。
また、こちらを向くときに下向きに加速してしまう傾向のある人がいます。
これは機体のいる高度の水平面を錯覚していることが原因だと思われます。

図で赤い面が(多くの人に見られる)錯覚の水平面になります。
図の機体が錯覚の水平面に沿って右旋回しようとすると機種上げになってしまうのです。

これを修正するには、風のない日に自分からまっすぐ遠ざかる機体を観察して、機体の腹の見え方をよく観察するといいでしょう。
また、自分からまっすぐ遠ざかる方向で機首下げになる(ダイブする)ことを恐れる人がいるようです。これもまた「向こう向きで機種上げ」を引き起こす原因かも知れません。
少し高い高度で意図してやってみるなどするのもいいでしょう。

短くなりましたが今回はこの辺で。
次回は判断能力の話に入ってみましょう。

| | コメント (0)

2010年1月 5日 (火)

上達法を探る 03

P1010008 さて3回目です。

目標とする操作能力とそのための練習については一応前回で終わりです。
しかし前回書いた以上の技量が不要というわけではありません。
各自でさらに上を目指した方がいいでしょう。

今回は、前回書いたことの行間を埋めるための私なりの方法を挙げてみます。
練習の参考にしてください。

きれいな旋回のコツ

前回挙げたメニューは「サーマルグライダーを飛ばす上でこの程度は出来た方が楽しめる」、という観点から選んだものです。
具体的には、全体を通して滑らかに操縦ができることと、きれいなサーマル旋回ができることが主眼に置かれています。
メニューをこなせば、それなりにきれいな飛行が出来るようになるはずです。

さて、きれいな旋回の要素は①ピッチングが少ないことと、②一定の旋回速度で回れることだと思っています。
このための練習という観点からメニューを少し補ってみましょう。

①のピッチングを減らす練習は、先述した切り返しや急旋回の維持です。
背面飛行の練習もこれを助けます。
緩旋回ではピッチング癖があってもちょこちょこ修正できるのですが、急旋回ではそうはいきません。修正するいとまを与えませんので、癖が大きく現れるはずです。
急旋回を練習することで、ピッチング癖を元から断つことができるはずです。
つまりそもそもピッチングを起こさないための予防的エレベータ操作ができるようになる、ということです。

もう少し詳しく見ていきましょう。ピッチングの原因はエレベータ操作がうまくいっていないことにあります。
これには、今まで見た限り二つのタイプがあります。

(1)旋回開始時のエレベータアップが大きいまたは早い、あるいはその両方
(2)旋回途中の微調整が遅いまたは大きい、あるいはその両方
これらへの対処を考えていきましょう。

(1) まず(1)のタイプへの対処です(以下、進行方向を12時、旋回を右方向とします)。
このタイプは旋回初動(右旋回で12時~2時方向)でわずかに頭上げを起こし、機首を下げながら6時方向を向いていくことが多いようです。これがさらに次のピッチングを誘発します。
具体的には風上に向いていく旋回で頭を上げていきます。

さて、旋回時は機首を上げる方向の動作が伴うためにアップが必要になるわけですが、この観念にとらわれているせいか、旋回開始(エルロンを切る)と同時にアップを打つ人が見られるようです。
この同時に打ってしまうというのが間違いです。

旋回時のアップはエルロンを打ったあと機体が傾いて、旋回の外側の主翼端(右旋回なら左翼端)がすーっと円を描いて走り始めてから、少しずつ打ちます。
逆に、旋回を止めるときは主翼の傾きが減じるのに合わせて少しずつエレベータを抜きます。旋回時の速度によっては、主翼が水平になるときにわずかにダウンを補うこともあります。

※この旋回の外側の主翼が走っているかどうか、は良い指標になりますので、観察する癖をつけるといいでしょう。ラダーの操作にも適用できますし、ほとんどのグライダーに通用します。
※旋回の初動・停止時のエレベータの練習は旋回切り返しで行います。

(2) このタイプではまずハードウェアを疑います。
エレベータサーボが遅いことが大舵を導き、ピッチングを生むことがよくあるのです。
たとえばD47をリポ1セルでエレベータに使うと、容認しがたい遅さになってしまいます。
エレベータにはできれば速い、良いサーボを入れてやってください(同サーボは他の舵に使う分にはほとんど問題ありません)。

もうひとつ、舵の「残り」もできるだけなくしておきます。
以上はハードウェアの準備です。

操縦者に目を移すと、親指の第一関節を曲げることでエレベータ操作をする人に大舵を使う癖が見られることがあります。
たとえば私の場合は通常範囲の操作では指を曲げず、手ごと引いて操作を行います。
このあたりは修正が難しいかも知れませんので、各自で、または誰かに見てもらってピッチングの詳しい原因を追及してみてください。

それ以外の原因でピッチングが大きいと思われる場合は、背面飛行の練習を先行させてみてください。

原因がわからない場合もメニューをこなすうちに知らず知らず直ってしまうことが多いようです。考え込まずに前に進むほうが有益です。
より高度な課題を練習するうちに前の課題は出来てるようになっていた、というのは良くあることです。

操作能力の話はもう少し続く予定です。

| | コメント (3)

2009年12月29日 (火)

上達法を探る 02

Dsc00017連載第2回です。

今回は目標を立てて、具体的な練習方法まで踏み込んでみましょう。
練習科目のポイントも示しますので、そこを意識して始めてみてください。
すでに科目がこなせる方はスキップしてください。

ここでいう操縦技量とは

練習法の考察を書く前にまず前提を確認しましょう。

サーマルグライダーにおける技量(以後、「総合技量」としておきます)は大きく二つの要素からなります。
①判断能力と、②操作能力です。

①の判断能力の錬磨には若干の気象知識と経験の蓄積などが必要です。これは後日考察します。

一方、②の操作能力の錬磨にはひたすら練習することが必要です。
先にこの操作能力について考察していくことにします。

操作能力の目安

およそ操作能力というものには上限がありません。高いほど良いに越したことはないのでしょうが、一方でサーマルグライダーは操作能力のみを追求すればいいものでもありません。
どのぐらいの操作能力を身につければいいのかという問題は、この趣味を各位の中でどのように位置づけていくかに大いに関係してきます。
しかしこれでは話が進みませんので、初級者を対象に指標を示すことを試みます。

わたしならば、初級者が目標とする総合技量のレベルをこのように設定します。
すなわち、『操縦に不安がなく、ある程度の風の中でも空気の機微を楽しむことができるレベル』です。

練習科目の提示

ではこのレベルの総合技量を身につけるために②の操作能力がどのくらいあればいいでしょう。

空気の機微とはたとえばサーマルやスロープ、ウェーブなどの上昇風です。これをある程度自由に利用でき、反対に下降気流からうまく逃げることが出来れば、楽しむということができるでしょう。
もとより飛ばすこと自体楽しいものですが、サーマルグライダーはその先に楽しみを見いだすことに存在意義があります。

具体的にこのレベルに達するために必要な科目は、急旋回の維持、連続左右切り返し、背面飛行、宙返り・四角宙返りを挙げておきます。
これらがある程度美しくこなせれば必要十分と考えます。

各科目について説明します。

・急旋回の維持は45度以上のバンクを維持してピッチングなくリズムよく旋回を続けるというものです。左右両方向を練習してください。
この科目ではピッチング癖があれば誇張されて表れます。特に風があるときは顕著です。
また修正も緩旋回より難しくなります。きれいにくるくると回るようになるまで、繰り返してください。

・連続左右切り返しは、90度や180度、360度といった旋回を左右に連続して行います。90度や180度では蛇行、360度は8の字になります。エルロンをフルに切るような出来るだけ大きなバンクで行ってください。
この科目はラダーをうまく使わないときれいに切り返せません。
また切り返し時にピッチングしないようにするために、微妙なエレベータ操作が要求されます。
旋回の初動と停止におけるエレベータ操作を集中的に鍛えられます。

・背面飛行は直線の維持と旋回ができればいいでしょう。
これはスティックのニュートラルに頼らずにピッチを微調整する練習です。
低くなりすぎないうちに正面に戻すようにしてください。

・四角宙返りはその前段階として、普通の宙返りの練習を行ってください。
ただエレベータを引っ張るだけではダメです。軌跡が円を描くように意識してください。
最初のうちは機体だけ見つめてしまって軌道が見えないものです。
これはエネルギー管理と軌跡を意識した飛行の練習です。

必要な操作能力は早く身につけるほど有利です。
これらの科目にはそれぞれ意味がありますが、それは練習してみればすぐにわかります。

なぜこのような練習をした方がよいのか

よく調整されたグライダー、特に競技用機は自律安定が高く、操縦も容易なものです。飛ばすだけならば初級者でも十分に可能でしょう。
するとハンドキャッチが出来れば、あとはサーマルを見る目を磨けばいいな、と思ってしまいがちです。

また、サーマルソアリングでは滑らかで必要最小限度の操作を行って、無駄な操舵抵抗を排しなければなりません。すると、機体に可能な起動性のうち、非常に狭い範囲だけを使って、かつ微妙な操作を要すると思って良いでしょう。
以上からすると、一見アクロバティックな操作の練習は不要なようにも思えます。

しかし、大胆な舵の操作を習得する必要がないかというと、決してそうではありません。
これは緊急操作に限った話ではありません。繊細な操作を生み出す土台として、機体に可能な挙動を掌中に収め、余裕を持っておくことが必要です。

大きな舵を上手に使えない人は、繊細な舵もうまく使えない場合が多いのです。

現実問題として直線飛行一つ取ってみても、操作の繊細さによって到達できる距離はかなり違ってきます。
繊細な操作ができる人は細かな修正舵を使って速度を維持し、遠くまで飛べます。また風下からでも滑空性能を生かして帰還できます。
しかしそうでない人の修正操作はむしろ滑空性能を阻害しかねません。

直線飛行ぐらい、と思われる方もいるかもしれません。
しかしたとえば自転車で、一定速度で白線の上を走ることは決して容易ではないのです。

上に挙げた練習は毎回15分程度時間を取って続けていれば、効果が出てくるはずです。
切り返し科目はできればエルロン付きグライダーで行ってください。
上記科目は私もよく行っています。また、急旋回の維持や切り返しはセッティングの指標にもなります。

操作能力編は次回に続きます。

| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

上達法を探る 01

A52a 最近、サーマルグライダーの初級者がステップアップするための練習法について考えてみる機会がありました。

そこで、過去に書いた文章を掘り返し、改訂して載せてみることにします。長くなりますので連載にします。

まず知っておきたいこと

考えたことがない方もいるかもしれませんので、RCサーマルグライダーとは何なのか、というところから解きほぐしてみます。

滑空する航空機という機体を指す定義にとどまらず、機体の役割を含めて、何をする道具なのかを考えてみましょう。

端的にいうと、(ほとんど)見ることができない空気の機微を知覚し、利用する遊びのための道具であると言えるでしょう。そのうち、能動的に遠隔操作できるものがRCサーマルグライダーです。
(※機体搭載オーディオ・バリオなどで上昇や沈下を直接知覚することは可能ですが、主な競技では使用を禁じられていますので除いて考えることにします。)

見えない気流を知覚する

見えない(=対象そのものを直接視覚によって知覚できない)とはどういうことでしょう。

あなたなら例えば透明人間をどうやって探しますか?

見えないものは何かで触れることなどを介して間接的に知覚することしかできません。
たとえば水中の湧き水はそのままでは見えませんが、砂が舞い上がっていることで水流の存在がわかります。砂が水流に触れて動くことで、水流を間接的に視覚で感じることができるのです。
砂の動きという視覚情報を介していますが、見えているのは水流自体ではないことにご注意ください。

サーマルを探す時もこれと同じことです。
砂の代わりをするのがグライダーです。グライダーが空中のいろいろな気流の中を飛ぶことで、上がっていく空気とそうでない空気をその挙動によって見分けられます。

すなわち、RCサーマルグライダーというのは、その場の空気に触れて、そこの空気の様子を操縦者に見せる、道具なんです。
目に見えないもの(空気)に触れて得た情報を、目に見える形に変換して操縦者に伝える道具。それがグライダーです。
この情報を操縦者に伝える方式はグライダーの「見え方」です。操縦者の目が、空気の様子を機体の見え方の情報として「受信」するわけです。

まとめると、
1)グライダーは、空気の状態によって「見え方」を変えることで、あなたに周囲の空気の情報を送ります。
2)あなたはそれを読み取って、機体の周囲の空気の状態を「想像」します。
3)そこで得た空気の状態から、それが上昇気流なのかどうかを「さらに想像し、判断」します。
(一番わかりやすい合図は、単純に機体が持ち上げられることです。そこが上昇気流である可能性が高くなります。)

お気づきでしょうが「想像」が2回も出てきました。推測に推測をかけることになるわけですから、どうしても間違いが多くなりそうです。そこで間違いを減らして上昇気流をうまく見分けるには、この情報(=機体からの合図)を適切に受け取って、そこから空気の様子を正確にすばやく判断することが必要なのです。

情報量は多い

機体の見え方というのは機体だけという狭いものではなく、広く軌跡や速度を含めた全ての事象になります。
すると慣れるにつれて多くの情報を得ることができるようになりますが、これは操縦者を惑わせる要素でもあります。大事なのは、広く情報を得る姿勢と、情報の取捨選択です。

※ところで、目を閉じても、暑いとか寒いとか匂いなんかはわかります。
匂いはあまり関係ないですが体に感じる温度は大事です。同様に風も感じます。
あなた自身も、実は空気のいろいろな情報を直接得ているのです。このような情報も上昇気流を見分けるためにかなり大事です。もちろん、グライダーが飛んでいるその場所の空気ではありませんので、注意が必要です。

今回はここまでにして、次回から実際の練習法を探っていきましょう。

| | コメント (3)