« 2018年2月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年3月 4日 (日)

STRIX F3K A-Spread (Hard)

ロシアRocket ModelsのSTRIX F3Kです。

この機体を飛ばしてしまうと1.5mがでかくて重くてめんどくさくなるという厄介な弊害があるので、あえて距離を置いていました。
オーナーたちの評価の高い機体です。
モスクワからの発送ですのでロシア発の荷物としては最も早く届きます。
送金はPayPalでユーロ(銀行不可)。送料は安いのですがPayPal手数料がかなり痛い。

Dsc01700

今回は初めてハードバージョン(A-Spread)を導入。
主翼の重量は同時に来たスプレッド版に比べて11g重い88gでした(キット状態)。
ハードバージョンの主翼はものすごい剛性。

キットはいつもながら素晴らしい仕上がりです。
これはきめの細かいコア材も貢献しています。
★ただし瞬間接着剤は使えませんので注意★

完成重量はバラストチューブを含めて189g。サーボはX08Hが3コ、ラダーレス。
充分軽量です。凹みに強いのでこちらのバージョンの方がお勧めだと思います。

◆製作◆
サーボは胴体搭載型と主翼搭載型を選べます。私は胴体搭載が楽で好き。
ラダーを除けば製作で迷う点はありません。
簡単な図面を書いて胴体に穴をあけ、エルロンロッドを取り出します。
ハッチは下面。
今回は水平積み用X08Hを使ったのでサーボベッドは下のような感じ。
面倒だったら板材を貼り付けてマスキングテープ+瞬間でOKです。

Dsc01698

ペグは翼に刺さる部分が矩形のままなので、尖った形に整形してください。

エレベータはスプリング&ワイヤー(付属しません)。
スプリングは0.4㎜コの字で、トルクは舵で秤を押して70gあればOK。

このメーカーはなぜかラダーヒンジを右に入れるので、ラダーレスのスキッドスリップ調整は大変難儀します。
ヒンジ溝に前後方向木目のバルサ(圧縮に強いものなら何でもOK)のクサビを入れ、これを少しずつ削りながら上空で垂直上昇試験を繰り返すのです。

Dsc01705

ラダーを使いたい場合は通常と違う「閉じる」スプリングを入れるかロッドを使うしかありません。閉じるスプリングを入れるのは大変苦労します。

今回重心は61㎜に設定(メーカー推奨は58㎜~)。

Dsc01709

◆フライト◆
ランチははじかれたように気持ちよく上昇します。
無風ノーバラでも55mを楽に超えてきます。
機体が小さいので他の機体よりも上がってる錯覚を受けるのが快感です。

性質自体は素直でおとなしいのですがスパンが短い分エルロンがクイックですので、1.5m機と同様に扱いたい人はエクスポか舵角で調整してください。

Snipeに似ているという評価が最もしっくりきます。
しかし翼型はかなり違います。こちらの方がアンダーキャンバーが前方から始まっています。

スピードモードは2mmUPあたりが良い感じになりました。
サーマルモードは1.5㎜ダウン。

バラストを25g積んでみたところ意外に面白いことがわかりました。
奥の深い機体です。

| | コメント (3)

2018年3月 3日 (土)

国際送金

ゆうちょ銀行の国際送金(窓口で行う場合)の料金が5月7日から値上げされるそうです。現在2,500円のところ、口座間送金が4,000円、現金→口座送金が5,000円となります。

一方今年からゆうちょダイレクト(ネットバンキング)で送金できるようになりました。こちらは料金が2,000円です。
ただし、ゆうちょダイレクトと窓口では指定通貨が異なりますので注意が必要です。

たとえばチェコだと、ゆうちょダイレクトは原状チェココルナのみが指定通貨になります。
窓口で払う場合はユーロのみでした。

送金の際は売り主と使用できる通貨をよく確認してください。

なお、ゆうちょダイレクトを利用する場合、一定の国については登記手数料が無料になったらしいので、それらの国については多めに送金する必要がなくなりました。対象国はご確認ください。

PayPalは限度額が100万円になっています。しばらく前に使った時は10万円ぐらいだったと思います。手数料は払う前に要確認です。

Pc310637

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年6月 »