« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月31日 (土)

Fidelity-E 2.0m

Pa183401

Art Hobby Fidelity-E 2.0m

AUW 520g

KMAに出るためおよび将来F5J-2000に出ようかなと思って作りました。

(製作)
製作についてあまり書けることはありません。

ラッカー仕上げです。主翼はつないで1枚にしてしまいました。尾翼は接着。

モーターは詳しくないのであらぽんにもらったものを載せました。メーカーもスペックも不明なんですが。
ブラシレスモーターは人生2台目なのでなんにもわからんのです。
ペラもスピコンもえいやで選びました。負荷とかわからんのでペラは小さめにしときました。
モーターは積み方を見せると怒られそうなので見せません。バックマウントとだけ書いておきます。
たぶん常識はずれなことをしています。

サーボはWaypoint W-060を4個。

Pb013426

Pb013425

Pb013427

(舵面)
小さなスポイロンは上にだけ動きます。80度立ち上がり、フルブレーキでダイブしても速度はあまり増えません。DLGのブレーキに近い使い勝手を実現しています。
エルロンの効きは弱いので、元気に動かしたい人は普通に上下に動くセッティングをお勧めします。

ラダーはやたらよく効き、ラダーだけで簡単にロールできます。
効きすぎるのでラダー舵角を減らしています。

(フライト)
旋回半径などDLGと変わらない飛びができます。
KMAサーマル大会でも50m未満から一気に高度を回復してMAXを取りました。
エルロンは大きな舵角を使うとアドバースヨーなしで曲がれます。
可変キャンバーはないですが十分な速度レンジを持つ翼型です。軽量級ですがそれなりに前に出てくれます。
KMAは風が強かったのですがしっかり戦えました。

| | コメント (0)

2015年10月19日 (月)

Blaster3とTriumph

Pa173342
新たに導入したBlaster3SC、265g(ラダーレス)。
ランチはJJ Edgeに及びませんが、扱いは断然楽です。

Pa173345
断固として糸リンク。

17日夕方初飛行、18日のKMAでは前半に使って3位でした。後半も使えばよかったかも。

Pa043324

クリミア製のTriumph・D-Box。AG、NC切り出しスタイロコア・型内直貼り。胴体は加圧一体成型。
輸送リスクに目をつぶれるならコスパ最強の機体です。

おとなしくて大変飛ばしやすく、ランチもAGでは高い部類に入ります。
飛びぬけた点はないが競技でも十分に使えます。

フラッター懸念のあったエレベータは面積を減らしたところ解決。
この個体はテールパイプを30㎜短縮しました。

Pa043325

いやな癖は何もなく、気持ちよく飛びます。
性能は最先端ではないですが、不満を感じさせない良い機体です。
製作のしやすさにもよく配慮されており、DLG入門(製作・操縦とも)にも最適でしょう。
支払いは銀行送金のみ。外国送金の強い銀行に頼むとよいです。

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »