« 9月13日 KMAハンドランチ夏の陣 | トップページ | Fidelity-E 2.0m »

2015年10月19日 (月)

Blaster3とTriumph

Pa173342
新たに導入したBlaster3SC、265g(ラダーレス)。
ランチはJJ Edgeに及びませんが、扱いは断然楽です。

Pa173345
断固として糸リンク。

17日夕方初飛行、18日のKMAでは前半に使って3位でした。後半も使えばよかったかも。

Pa043324

クリミア製のTriumph・D-Box。AG、NC切り出しスタイロコア・型内直貼り。胴体は加圧一体成型。
輸送リスクに目をつぶれるならコスパ最強の機体です。

おとなしくて大変飛ばしやすく、ランチもAGでは高い部類に入ります。
飛びぬけた点はないが競技でも十分に使えます。

フラッター懸念のあったエレベータは面積を減らしたところ解決。
この個体はテールパイプを30㎜短縮しました。

Pa043325

いやな癖は何もなく、気持ちよく飛びます。
性能は最先端ではないですが、不満を感じさせない良い機体です。
製作のしやすさにもよく配慮されており、DLG入門(製作・操縦とも)にも最適でしょう。
支払いは銀行送金のみ。外国送金の強い銀行に頼むとよいです。

|

« 9月13日 KMAハンドランチ夏の陣 | トップページ | Fidelity-E 2.0m »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9月13日 KMAハンドランチ夏の陣 | トップページ | Fidelity-E 2.0m »