« サンワ杯 8月23日 | トップページ | 9月13日 KMAハンドランチ夏の陣 »

2015年9月12日 (土)

羅生門

下人の行方は、誰も知らない。―

ご存じ芥川龍之介の羅生門のラストです。
下人はこの後どうなったと思うか、国語でそう先生に聞かれた方もいるんじゃないでしょうか。
この小説の元ネタは十一世紀に成立したとされる今昔物語集・本朝世俗部の巻第二十九、「羅城門の上層に登りて死人を見たる盗人の語、第十八」です。
元ネタでの盗人は媼の着物や死人の着物、そして媼が集めた髪の毛を奪って行方をくらまします
そしてラストにはこうあります。
「この事は、その盗人の人に語りけるを聞き継ぎて、かく語り伝えたるとや。」
なんと、この話を人に語って結果的に物語に残したのは盗人自身だったのです。
下人はどうなったのか。
一つの答えは、「元ネタの原作者になった」でした。

|

« サンワ杯 8月23日 | トップページ | 9月13日 KMAハンドランチ夏の陣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンワ杯 8月23日 | トップページ | 9月13日 KMAハンドランチ夏の陣 »