« JJ Edge初飛行 | トップページ | 四国サーマルに参加しました »

2014年11月30日 (日)

Bravo(低翼)デリバリー

Pb290457

委託品の最新型Bravo(低翼・スプレッドカーボン)が完成しました。仮重心で243g。
胴体は両引きエレベータ主義者には悪夢の細さです。
格好は良いですね。
何度か書いていますがこの機体の主翼はDrela博士の設計。翼型はAG。
2006年に始まった国際プロジェクトから生まれた機体です。この胴体と尾翼は今年のデザインで、チェコで作られています。2レイヤーカーボンバージョン。3レイヤーも選べます。

Pb300463

オーナーに引き渡して初飛行してもらいました。ランチは高いです。
オーナーいわく「ハーフランチでStarkぐらい上がる」。

ちょっと借りましたが、やっぱりわたしのと同じように一癖あります。
長所短所がはっきりしています。どうすればよく飛ぶのかを探るためにわたしと似たような苦労を味わうことでしょう。

バージョン違いの差は強くは感じませんでしたが、ランチの伸びは新型のほうが良さそう。

チェコでは世界戦で活躍した低翼のコンセプトに注目が集まったようで、その後の競技会写真でよく見かけるようになりました(※コンセプトの今後の生産がどうなるのかは不明です)。
チェコ製のBravoが低翼になったのはコンセプトの影響だと思われます。

Pb290450

Pb290439

Pb290441

Pb290446

Pb290448

Pb300466_2


一方、私のBravo(左)はサーボ軸がガタガタになってフラッターを生じるようになったため、サーボを換装しました。サーボはバックラッシュが大きくなり、かつ軸が上下方向に動くようになってしまいました。
代替サーボは委託機と同じDS09-SCDです。
エルロンサーボ重量が二倍になったのを補償するためラダーサーボを降ろしました。
ラダーは操舵機構を残して地上でヨートリムを調整できるようにしてあります。
現状の重量はノーバラ250gです。

|

« JJ Edge初飛行 | トップページ | 四国サーマルに参加しました »

コメント

お久しぶりです。

Bravoめっちゃ胴体細いですね。

私は未だにDLA4FXが主役機なので最新の機体がどんなのか全然知りません。
やはりこの数年で大分変わっているんですかね?
まぁ最新の機体と勝負してみれば分るんでしょうけど、
ブランクが長い私ではどの道判らない可能性が高いですね。
最近は電動機メインでラジコン活動も復活しつつありますが、
ランチ高度が情けないほど低くなってますわ・・・

ところで、次回カップなんですが、来年2月ごろでどうですか?

投稿: ヨシダ | 2014年11月30日 (日) 21時21分

ヨシダさんご無沙汰してます。
Bravoは設計の古い機体なので、上空の飛びはA5あたりと変わってませんよ。
ただ、材料や製法なんかが洗練された分剛性が上がり、同じパワーで投げてもランチは相当高くなっています。
そういえばA5の姉妹機に1400㎜の機体があったんですが、あれなんか時代を先取りしてましたね。最近はファイアワークスもスパンを縮めるなどしています。

カップやりたいですねー。2月って相当寒そうですが。

投稿: うえの | 2014年11月30日 (日) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JJ Edge初飛行 | トップページ | 四国サーマルに参加しました »