« オイカワ塩焼き | トップページ | あけましておめでとうございます »

2013年12月28日 (土)

イソベラ刺身など(追記)

Dsc02726(皮つき湯引き。見た目はひどい出来栄え)

おとといご近所にいただいたイソベラを刺身で食べてます。

いただいた当日はえらい硬かったしうまみも薄めだったので、さばいて冷蔵庫で2日置きました。
うまい。文句なし。これはたまりませんわ。
イソベラは持ち帰っても不評だそうで、うちしかもらってくれる家がないんだとか。こんなにおいしいのに。同じベラの仲間のキュウセンはこちらでは高級魚扱いなんですが。
ぬめりと血をきれいに洗い流したアラでだしを取ります。アクはこまめにすくい、透き通るまで待ちます。これに細切り大根とネギを放り込んですまし汁に。
これまたたまりませんわ。
酒がすすみます。

あえて欠点を探せば、肋骨がY字状なので腹身が大変取りにくいことでしょうか。
残った一尾は酒であらって塩を振り、寒風にさらしておきます。
それをまた晩酌のつまみにするって寸法です。
(追記:

Dsc02734

変な笑いが出るほどおいしいです、干したイソベラ。
おろして2日寝かせてから開いたイソベラを酒に20分浸けてから塩を振って外に4時間。
これをさっと洗って水気をふきとってから焼き、ポン酢+フンドーキンのゆず胡椒で食します。
最高ですわ。)
さらに明日は用水でオイカワを釣ってきて、焼き干しにして正月料理に使うことにしましょう。


カップのときにOsiris2を手放したので現在フルサイズDLGがないのですが、後継機は年明けに届くかもしれません。
Osiris2よりさらに古い設計ですが、ちょっと面白い機体ですよ。

|

« オイカワ塩焼き | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オイカワ塩焼き | トップページ | あけましておめでとうございます »