« Vortex改良 | トップページ | 台風一過 »

2013年9月16日 (月)

もったいない

某氏がスタークの尾翼が傷んだので交換したいとのこと。

たしかに挫屈やシワだらけになっていましたが、交換なんてもったいない。
見れば作業の回数はかかりそうですが、性能を損なうことなく直せそうです。
同じ尾翼を入手するのは至難ですし、違う尾翼は相性が合うかわかりません。
スタークはオリジナルのバランスがすばらしいので、胴体を奪ってきて修理することにしました。

先ずアイロンをあてて凹みを取り、挫屈部を膨らませようと試みました。しかしコアがかなり熱に弱いようで、膨らむ前に溶けるのでやめました。
何か所かに分けて挫屈の修理を行います。
繊維やフィラーを入れるかどうかは凹み具合などに合わせて決めます。
都合4回の樹脂作業で修理完了。性能劣化は気にならないでしょう。
でも尾翼がこれだけ傷むってことは主翼も相当傷んでるんじゃないですかね。見てませんが。
機首などは全然傷んでないので、飛行による消耗じゃなさそうです。保管や取り扱いに問題があるような気がしますよ。

|

« Vortex改良 | トップページ | 台風一過 »

コメント

修理ありがとうございました。損傷お恥ずかしい限りで飛行傷ではなく保管時にぶつけたりの傷です。やはりクロステールはでっぱりが多いのでつい引っかけてしまうのです。主翼は特に痛みはないです。
受け取り時にもバッテリーが極端に減っていたりと、すこし取り扱いが緩慢になっていたかもしれませんね。あやうく大事な機体を失うところでした。まだいろいろと反省すべき点がありそうです。
先日飛ばした感じまったく性能の劣化はありませんでした。損傷での性能劣化は特にないと思っていたのですが、やはりきっちり治してくれたおかげで舵の効きがシャッキリしていました。
 スタークは今まで所持してきた機体のなかでも相性がいいようで特にお気に入りです。末永く飛ばしたいと思いますのでもう少し保管方法を見直してみます。

投稿: 某氏(あらぽ・・・ | 2013年9月21日 (土) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Vortex改良 | トップページ | 台風一過 »