« サンワSD-10GS&Aquila6 | トップページ | 見てきた »

2013年7月31日 (水)

Osiris2

次回よりOsiris2の製作を開始します。

Osiris2は2008年に登場したチェコ製の競技用DLGです。
今回製作するのは最新のロハセル+D-Boxバージョン(主翼133g)。
→取扱い先:RC-Sailplane

お買い得な価格の機体ですが、今回の世界選手権でも本機を2号機に用いたチェコのオンジェーイ・レズラー氏がフライオフに進出しています。現時点でも高い能力を備えた機体と言えます。
翼型はAG455ct02r~AG47ct02r。いわゆるSG2準拠の翼型で、後発の亜種AH84よりも高速時の抵抗が少ないというのがDrela博士の談です。
本機は翼型等からしてブラスターシリーズの直接のライバルになります。

メス型に大変硬い素材を用いているとメーカーが誇っている通り、仕上がりは滑らかで素晴らしいの一言です。これほどの仕上がりを見せる機体は多くありません。
主翼D-Box部は当然として、後半グラス部も波うちはなく、翼型がきわめて高い精度で再現されています。
モールドを更新しているのでしょうか、メス型の消耗は全く感じさせません。

尾翼はオンジェーイのデザインになるもので、トートF3Kなどとほぼ共通の軽いものです(13g)。
登場当初のようなフライングテール仕様ではなく、通常のエレベータ形式に変更されています。
ただし尾翼取付け部はそのままなので、尾翼の取付角度を決めるのは一苦労しそうです。

胴体前半はグラスで2.4GHzフレンドリーとなっています。

|

« サンワSD-10GS&Aquila6 | トップページ | 見てきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンワSD-10GS&Aquila6 | トップページ | 見てきた »