« Vortexテスト中 (追記) | トップページ | バラストを装備 »

2013年6月28日 (金)

FW4.2製作

Dsc01995 Dsc01999金色ストライプを貼っています。

VortexにつづいてFW4.2(受託)を製作しました。

仕様はライト/ウィングレットなし。カーボンティッシュ貼りの尾翼つき。
キット重量: 主翼118g、胴41g、尾翼14g。
完成重量: 全備255g(主翼123g、胴体132g)
メカ:エルロンサーボ D60、尾翼サーボ HS-35HD&5035HD 電池 520mAh LiPo
電力消費(平均): 82mAh/30分

機体製作

Dsc01971
まず真鍮パイプからトルクロッド式エルロンホーンを製作しました。
これがこの機体で一番面倒な作業かもしれません。
作業には万力等が必要です。
トルクロッド式エルロンホーンはVortexと似ていますが、リンク方法が異なります。
FWは穴にピンを通すタイプの一軸リンクですので、穴さえきれいに開けばVortexで苦しめられたボールのガタと無縁です。
Dsc01992
トリエルロン部は新アイデアを用いて接続しました。軽量・確実・滑らかでテープのようなズレが徐々に生じることもなく、作動抵抗のない追従が可能です。が、この方法はトリエルロンの拘束効果がなくなります。

メカ積み
Dymond D-60はエルロンに推奨サーボとなっていますが、サイズが大き目なのでカウル内に接触しないよう搭載するにはちょっと苦労するかもしれません。
余裕を持って搭載したい場合は小さめのサーボの使用をおすすめします。
この機体はテールが極めて長いため、多くの場合ノーズウェイトが必要になります。
垂直尾翼は過大なぐらいですのでパイプを縮めても良いかもしれませんが、水平尾翼は自作するなどの手当てが必要になります。

Dsc01990
純正スタビレータは強力なスプリングでダウンに引っ張られています。
このスプリングの交換は垂直尾翼を壊さないと出来ません。
そこでサーボホーンをアップ側に引くスプリングを装備してトルクをアシストしています。
これによる舵の残りなどの影響はありません。もっとも、装備しなくてもサーボのトルク不足など安全上の問題はありません。

試験飛行
軽いランチでもよく上がります。試験飛行では高度計41mまで試しました。
ライト仕様なので50mを目指すようなことはしませんが、楽しむのには十分すぎる高度に達します。
FW4.2はAG翼型です。最新の競技用機ではあまり見かけなくなっていますが、競技以外の使い方をする際に性能が劣るようなことはありません。
競技では上空での高速性能の強い=距離の出る翼型が好まれる傾向ですが、扱いやすさに難を感じるものもあります。新しい=すべて良いというわけでもありません。
AGはその点トップ選手以外には積極的に選択する良さが多くあると言えます。

操縦性は素直で扱いやすく、使用する速度域で気になる癖のようなものはありません。
思ったとおりの動き方をしてくれる機体で、よく切れる刃物のような心地よさです。
刃物と書きましたが尖った扱いにくさはありません。
異常姿勢ではテールスライドでよく滑ってヒヤッとすることがありましたが、問題にする必要はまったくありません。

この機体の欠点は胴体ポッドのカーボンが薄くて硬く粘りがないため、卵の殻のような割れかたをすることです。
修理を困難にする要素ですので、ちょっと初級者には勧めにくい機体です。
経験者のレクリエーション用の機体としてはいまだに最高峰の機体のひとつと言ってよいでしょう。

|

« Vortexテスト中 (追記) | トップページ | バラストを装備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Vortexテスト中 (追記) | トップページ | バラストを装備 »