« やりなおし | トップページ | 貯めた結果がこれだよ! »

2013年3月28日 (木)

糸リンクとかローカルルールの案とか

フルサイズのテールリンケージは今や糸が多数派になってしまったようにも見えます。
ロッドがどうがんばってもノーズバラスト込みで8gは違いますから、軽さを求めれば糸になってくるのは流れでしょう。
トーションバーという便利な手段が普及したこともあるのでしょう。
しかしエレベータに関してはアップをスプリングにゆだねるのはランチが恐ろしく、ダウンをゆだねるとアップ側に負荷が、という解決不能のジレンマが残ります(ただ、負荷がかかっても動作が遅くなることはまず体感できません)。
私自身はもちろん、ずっとやってるようなリターン+プル/プルが重量の点でも動作の点でも最高だと思っています。
これを標準とする機種もいくつかあります。


HLGでもF5Jのように全員高度計を積んで、滞空時間点から「最初の10秒間の最高高度」を減点する○分間滞空競技とかどうでしょう。

時間設定と条件によってはランチ高度の要素が大幅に減りますから、草レースにはおもしろいかもと思えました。


発注しようとした機体が製作者の死去で難しいとのこと。
その製作者は国を代表する名人でしたので、後継者がどんなものを作るのかわかりません。断念しました。
来歴がとても興味深い機体だったので残念です。上に挙げた「リターン+プル/プルを標準装備する機体」でした。
ダッソードラフトサイトいじっててくじけた。

|

« やりなおし | トップページ | 貯めた結果がこれだよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やりなおし | トップページ | 貯めた結果がこれだよ! »