« Latigo1号機 | トップページ | 糸リンクとかローカルルールの案とか »

2013年3月26日 (火)

やりなおし

修理してたFW4を試験飛行のランチで壊す大失態。
水平・垂直尾翼とも軽いランチで破壊されてしまい、そのまま墜落中破。
点検が行き届いていなかったようで、どうやら垂直尾翼に生じていたクラックを見逃したようです。
修理箇所以外は新品以上に念入りに点検すべきでした。

水平尾翼も空力破壊されてしまい、尾翼は両方とも使えなくなってしまいました。
尾翼は交換です。

胴体はノーズカウルがまたぐちゃぐちゃに。ほぼ「修理前の状態」に戻ってしまいました。
主翼端にもスパー剥離が生じてしまい、切開修理となりました。

Dsc01549 フライングテールをやめるので、まず台座を作ります。
台座の重量が出ているところが見つからないので出来の良し悪しがわかりません。
ずっと昔のベニヤ台座は1gあったので、それよりはマシ。

主翼の仕上げも終わりつつあり、もうすぐメカが積めそうです。


先日紹介した糸ターンポイントですが、数個余っていますのでお分けできます。

欲しい方はメールでお問い合わせください。終了しました

|

« Latigo1号機 | トップページ | 糸リンクとかローカルルールの案とか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Latigo1号機 | トップページ | 糸リンクとかローカルルールの案とか »