« ターンポイント | トップページ | やりなおし »

2013年3月17日 (日)

Latigo1号機

Cimg2565

左:Stark 右:Latigo
あらぽんが用事でやってきたので短時間飛ばしました。
重量はLatigoが268gでした。Starkは260gぐらいかな?
まだ調整が決まっていませんが、ランチはLatigoの方が高いようです。
あらぽんが両方を投げ比べてもLatigoが高いようでした。
なにしろ腰が不調の私の方があらぽんより明らかに高かったぐらいですから、間違いないでしょう。

操縦性はとても素直で、あっという間に飛ばし込んだ機体のように指に馴染みました。加えて失速特性の良さは特筆に値します。
あらぽん曰く「失速しないじゃん!」とのことですがもちろんそんなことはありません。
失速からは一瞬で回復します。これはフルバラスト(+42g)でも同じです。

一方でフルバラストの方が浮きがよいと感じてしまうなど、軽く作るのもどうかなと思える面も見受けられました。ただこれは主観で、まだ計測はしていません。
キャンバーセッティングは風のない時を待って探りますが、今のところ差異はややわかりにくい印象です。

ランチは腕力が落ちていますのでノーバラの方が上がります。風が出れば逆転するのでしょう。

|

« ターンポイント | トップページ | やりなおし »

コメント

ラティゴいい機体ですね~
ランチも高いし浮きもすばらしい、投げ比べでは完全に上をいかれてしまいました(本当に腰痛なの??)。まだセッティングが決まってないとのことでしたが、上空で操縦させてもらった感じではすごく飛ばしやすかったです。本当に失速するの??ってくらい穏やかで、エルロンの利きもシャープ。あっという間に指になじむというのもよくわかります。
フルカーボンは重いというイメージは昔のFWがあったからでしょうか(あれは300g超えてたような・・・)、黒色は重たく見えるという色感からかあまり好きではなかったのですが、これはいい機体ですね。ぼくもちょっと欲しくなってしまいました。
あと両面黒でちょっと表裏がわかりにくい感じもしましたが、まぁ姿勢を見失わなければいいことだしワンポイント塗装があるので特に問題はないと思います。
また天気のいい時に飛ばし比べしましょう~

投稿: あらぽん | 2013年3月22日 (金) 00時07分

あの敵対心丸出しのトンビ師匠がいないときに(笑
彼が居たら勝負どころじゃないですわ

投稿: うえの | 2013年3月22日 (金) 00時27分

主翼の黄色いスタークには目もくれず、カーボン柄のラティゴには絡んでいくという。ちょっと興味深い反応でしたね。
やはりあのカーボン柄が羽毛のように見えてるのでしょうか?
仲良くなれたらサーマルを教えてくれるかも・・・
でもたしかに、ちょっと彼(彼女?)がいると勝負しにくいですね~
またこちらのフィールドおいしいうどんでもかけて勝負しましょう。営業時間は11時半~1時半なのでその前後で。

投稿: あらぽん | 2013年3月22日 (金) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ターンポイント | トップページ | やりなおし »