« どうなんだ | トップページ | Altis v3 覚書3 »

2012年9月27日 (木)

ボツなのですが

Dsc00755 Dsc00753

飛ばないので没にした主翼ですが一応ご紹介。

18.4gの機体はHK1.7gサーボ、VD5M受信機、電池は70mAhです。
メカはサーボの耳を切り受信機をシュリンクしたほか無改造。
ノーズカウルは薄く軽いものにしています。

主翼は実は再利用品で、Jedelsky翼の後縁材が幅広すぎたためにフラッターを起こした主翼でした。その後縁材を大きく切り取ったものなのです。新たな後縁を継ぎ足そうと思ったのですが、そのまま磨いて使ってみることにしました。
後縁材は大きくテーパーするように切り取られ、翼端ではすべてが前縁材になっています。自然とウォッシュアウトがつくことになります。

メカベッドは旧来の方法に戻し、パイプに接着されています。
先に作ったフラッペロン機など最近の機体はテールパイプとメカベッドが前後に分離されて直接主翼に接着されていました。
しかし調子に乗って補強をケチったところ、ランチで首がもげました。

電源には太いハーネスなどを使ってますので、メカをはんだ直付けにするとあと0.6gほど軽くなります。しかしそのようなことをする必要はないでしょう。
そんなことより尾翼を軽く作ることに専念した方が良い結果を生むはずです。

ところで最近入手した1.7gサーボはスクリューが1本増えていました。バックラッシュは以前より大きくなった気がします。

飛行性能ですが、ランチは先に載せた29.6gのものより上がります。
しかし性能は高速も低速も悲惨で、40秒弱しか飛びません。
失速は意外によく、この手の機体にありがちな「恐ろしい速度で降下するスピン」には入りません。よくわからん特性ですが、性能向上の可能性はなさそうなので主翼は降ろしました。

現在これに乗せる50cmの主翼を製作中です。

|

« どうなんだ | トップページ | Altis v3 覚書3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203799/55753855

この記事へのトラックバック一覧です: ボツなのですが:

« どうなんだ | トップページ | Altis v3 覚書3 »