« マイクロ機などなど | トップページ | Altis v3 覚え書き(直リン注意) »

2012年8月30日 (木)

スイッチ+高度計到着

Dsc00641 Dsc00642

高度計スイッチが手に入りました。今回クラフトるうむに入荷した分は完売だそうです。

・Altis V3 F5Jルール準拠スイッチ付き高度計(他にも高度制限競技に対応)

左画像の右下が機体に積むプローブです。右画像がその大きさ。
左下はコンピュータに接続する際に使うインターフェイス(Alink)で、USBコネクタが付いています。

中央は現場で高度を確認しやすくするためのディスプレイ。この高度計スイッチはLEDの点滅回数によって単体でも高度を表示できるのですが、現場で正確を期すためにディスプレイがあるとわかりやすいはずです。

他にUSBケーブルと、マネジメントソフトウェアが入ったCDが付属します。ただしバージョンは最新ではありません(最新版はネットで入手可※)。
ソフトをインストールし、PC上でF5Jモードにして使用します。

他にも任意の高度でカットオフする設定もできます。
たとえば高度をそろえた電動サーマル競技でスケール機に高度ボーナスを与える場合などに便利です。後の計算によらずに物理的ハンディキャップを設定できるので、競技をより面白くすることができます。

F5Jや高度制限競技では、この高度計にスピコンを接続します(リード線上にそのためのコネクタピンが見えています)。

(機能)
・単純な高度ロガーとしても使えます。その場合は空きチャンネルに接続するだけです。
・高度制限競技やF5J競技で使うにはPCに接続してモードを切り替えます。
・競技のルールでパワーONが1回しか許されていない場合、緊急時の安全のために再度ONできるようにするか、あくまでそれを不可能にするか選択できます(再度ONすると競技は当然失格になります)。これは可にしておくべきだと思います。

とりあえず機体を用意しなければ…

※マネジメントソフトを最新版にアップデートする場合には、機体搭載プローブ内部のプログラムも同時に最新版にする必要があります。この記事の次の記事を参照のこと。

|

« マイクロ機などなど | トップページ | Altis v3 覚え書き(直リン注意) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイクロ機などなど | トップページ | Altis v3 覚え書き(直リン注意) »