« スイッチ+高度計到着 | トップページ | お絵かき »

2012年8月30日 (木)

Altis v3 覚え書き(直リン注意)

Altis v3 注意事項

※以下の記事中のリンクをクリックすると当該ソフトウェアがメーカーサイトからダウンロードされますので、不要な人は押さないようにご注意ください。

・プローブ(機体搭載器)のファームウェア(機器内蔵プログラム)とフライトマネージャ(PC上の表示管理ツール)のバージョンを合わせる必要があります

バージョンが合ってないと接続してもエラーが出ます

→付属CDに入っているマネージャのバージョンは1.0.8で、プローブも同じです。
→マネージャを立ち上げると、最新マネージャ(2.0.1)にしよう、とお誘いが表示されますが、マネージャをアップデートしてしまうと両者のバージョンが合わなくなって接続できなくなります。

その場合、
→①プローブのファームウェアも最新のものにアップデートする(推奨)
→②CDからマネージャを再インストールしてマネージャのバージョンを1.0.8に戻す
 のいずれかが必要になります。

プローブファームウェアのアップデートのしかた

アップデートするプローブをPCに接続しておきます。

まずネットでファームウェア・アップデータと、プローブの最新ファームウェアをダウンロードして、両者を解凍します。

次にアップデータを起動して(小さな操作コンソールです)、言語を選択し(英語)、ファームウェアの場所を指定します。
Nextを押せば数十秒でファームウェアの書き換えが終わります。

これでマネージャとバージョンが合えば接続できるようになります。

ディスプレイのファームウェア更新

ディスプレイの場合も同様にバージョンが合わないと接続できません。
ディスプレイの最新ファームウェアを入手して、USB接続し、アップデータで同様にファームウェアを更新してください。Alinkとの接続場所は左側のCOMというところです。

ファームウェア更新のトラブル

誤ってディスプレイのファームウェアをプローブに書き込んでしまうと、当然つながらなくなります。
その場合は慌てず正しいファームウェアを書き込みなおしてください。

プローブのファームウェアを書き直した場合は、プローブ内の記録を消去(Delete)してください。

|

« スイッチ+高度計到着 | トップページ | お絵かき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スイッチ+高度計到着 | トップページ | お絵かき »