« 実機の話題 | トップページ | 先生方 »

2012年6月16日 (土)

発掘

A4f01 A4f02

懐かしい旧ユニオンのフライングフォームイージージェット、A-4Fスカイホークです。

ユニオンモデルのいくつかの機種はユニオン・モデルに引き継がれていますが、このシリーズはだいぶ昔に絶版になったせいか、再販されていません。

このシリーズはゴムパチンコで飛ばします。機首はゴムキャップ。

他にF-86とF-15がありました。

子供のころ一番よく飛んだ覚えがあるのがこのA-4Fでした。
イーグルはまっすぐ素直に飛ぶだけで滞空時間が短く、セイバーは調整が難しい上、アスペクト比の高い後退翼のせいですぐに翼が折れた覚えがあります。
当時はホワイトウィングス少年で視界没も経験していましたので、そんなに間違った印象ではないと思います。

主翼はSキャンバーになっており凝った設計です。
しかしこの薄目のデルタ翼は調整が狂いやすく、ランチ直後にロールして地面に刺さることもありました。

1.7gサーボを置いてみましたが、乗せるだけならメカは余裕で乗りそうです。
しかしこれをRC化してどこで飛ばすんでしょう。土手では無理です。
ちゃんとしたスロープに行っても、スパン199㎜のネイビーブルーの機体はたちどころに見えなくなるでしょう。
そう考えるとRC化はためらわれます。

|

« 実機の話題 | トップページ | 先生方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実機の話題 | トップページ | 先生方 »