« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月18日 (水)

遠い記憶

私は国から派遣された父に従い、赤道直下のインドネシアで幼少期を過ごしていました。
私の住んでいたところは首都から遠く離れた島の州都で、日本人はほとんどいなかったそうです。

近所に隻腕で初老の日本人が住んでいました。
今となってはその外見がぼんやり記憶にある程度なのですが。

後に両親に聞いたところ、彼は元日本兵でした。
終戦後もインドネシアに残り、インドネシア独立のためにイギリス・オランダ軍と戦った義勇兵だったのです。

インドネシア独立戦争に身を投じ亡くなった元日本兵は、インドネシアの英雄墓地に埋葬されています。

一方で300年以上続いたオランダによる支配の影響は色濃く残っており、私が通ったキリスト教系幼稚園のシスター達はオランダ人でした。

私たち家族は三年の駐在を終えて帰国しました。
隻腕の彼がその後どうなったのか、もはや知る術はありません。

| | コメント (0)

2012年4月14日 (土)

Concordia続報

以前取り上げたオープンクラスのプロジェクト、Concordiaがついにその全貌をあらわしました。
http://soaringcafe.com/2012/04/concordia-one-photo-a-day/#1

横からの写真ではかなりテールが長い印象を受けます。
実際に長いのですが、その分主翼位置を後退して重量バランスに配慮しています。
この胴体前半はシュライハーASG29の流用で、主翼の取り付け部補強も流用しているようです。
Concordiaに用いられる主翼はASG29のものよりコードが小さいので、翼根前縁を後退させることで主翼位置を後ろに移動しています。

パイロットのディック・バトラー氏、それにシュライハーをリタイヤしたヴァイベル氏、さらにシュトライフェネダー氏など実機グライダー界のビッグネームが関わるプロジェクトもいよいよ山場です。

来月初飛行が予定されているようです。楽しみですね。

| | コメント (0)

2012年4月12日 (木)

欲しいものメモ

かなり欲しい、ちょっと大きめの機体達

MM Glider Techのオキュラス
http://www.mmglidertech.com/oculus.php

ヘラインのサーマル・インスティンクト
http://www.hoelleinshop.com/Flugmodelle-Helicopter/Flaechenmodelle/Segelflugmodelle/Hoellein/THERMAL-INSTINCT-Seglerversion.htm?shop=hoellein&SessionId=&a=article&ProdNr=GRU1402&t=49301&c=12438&p=12438

BlejzykのAura
http://www.blejzyk.pl/model-aura.html

上の二機種は実に作り甲斐がありそう。

| | コメント (0)

2012年4月11日 (水)

ようやく読めた

藤子・F・不二雄大全集が刊行されています。

このほどタイムパトロールぼんの3巻(完結)が出版され、過去のコミックスに未収録のエピソードを読むことが出来ました。

この作品が連載された雑誌は流通が少なく、雑誌で読む機会が少なかったのです。

不定期の連載であったことに加えてさらに流通量が減ったのか、最後(本作は筆者の逝去によって終わっているためストーリーの終盤ではない)の二話は書店を巡っても雑誌に巡り会えず、それっきりになっていました。

それが1986年のこと。

今回新たに収録されたのは、まさにその読めなかった最後の二話を含みます。
本作のファンなら、今回収録された「王妃ネフェルティティ」のためだけに買っても損はしないでしょう。

小学館 1,600円

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »