« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月18日 (日)

折れたー!

日が長くなってきました。
おかげで日没後にちょっとだけ飛ばすことができました。
いくらか風が吹いてますがこの時期ぜいたくは言えません。

数回投げてると「パキッ」っという音がし始めました。
はてな。どこかゆるんだか??
と点検しましたが特に異常は見つからず。
さらに投げると今度はやはりパキッという音とともにやや左に。
はて、風に正対しなかったかな?
ともう一度投げると「パカン!」という音とともに機体は予想を大きく超えて左に。

姿勢を立て直すとその後はおかしくなかったのですが急いで降ろし、よく見ると垂直尾翼が完全に挫屈orz
異音はこれだったかー
良くちぎれなかったなあ…

ラダーがついてないので垂直尾翼の異常など疑ってませんでした。
過去折れたなんて記憶もないですし。
私専用に作られた特製軽量尾翼がたたったか、残念なことになりました。
あるいは私が付けた変な装備のせいかも??
他の同型機は仕様の違う尾翼なので、問題はないはずです(1号機でも異常は経験しませんでした)。

| | コメント (0)

2012年3月16日 (金)

クリッパー

パンナムの「クリッパー」飛行艇の基地、マイアミで撮影された動画。
二種のシコルスキー飛行艇が見られます。

クリッパーというのはもちろん快速帆船に由来してます。
パンナムはこの時代、動画のシコルスキーのほかにもマーチン飛行艇などを運航しています。
またパンナムは陸上機時代になってもクリッパーの名を機体の固有名に用いました。

大洋を渡る飛行がまだ冒険の香りを残していた1930年代です(映画で言うと紅の豚の少し後)。
それにしてもカラー映像の訴求力はすごいですね。感動しました。

そしてこちらは冒険時代の終わり(埋め込み無効につきYoutubeでご覧ください)。
http://www.youtube.com/watch?v=kj2h6TSVT30

| | コメント (0)

2012年3月15日 (木)

ヒンジ切れ修理

シャーレ機のヒンジが切れてしまった場合、意外と面倒なことになります。
特にDLGでは端の方が硬くなったりすると厄介です。
わずかに上下方向のヒンジ位置が狂うのも困りものです。

今回ヒンジ修正をする機会があって一計を案じてみました。

今回の症状は翼端側の一部ヒンジ切れ。
樹脂や瞬間+ファブリックで直すと硬くなること必至です。

まず内側の作業。
動翼の隙間に突っ込むツールを作ってヒンジライン上をサンディングし、上下方向のバリを取るとともにヒンジライン前後部位を少し薄くしてやります。その後ホコリを飛ばして脱脂。

次にヒンジになるガラスクロスを細く切ります。
ガラスでいいです。樹脂で固めたりしませんので。

このガラスクロスにシリコン系接着剤(スーパーX2など)を塗りこんで含浸。
同じくヒンジ側にも塗布。ついたら困るところはテープで養生して下さい。

ヒンジにグラスを貼り、定板などでヒンジラインに段差が出ないように固定。

硬化したら今度は外側のヒンジライン前後に細く隙間をあけてテープを貼り、同じくシリコン接着剤を塗ってすぐにテープをはがします。ヒンジライン上だけに接着剤を残すのです。

不安な場合はさらにヒンジにテープを貼ってください(伸び側が規制されるのでヒンジを曲げた状態で貼る)。

投げてみましたが大丈夫なようです。この方法は直貼りには通用しません。

| | コメント (0)

2012年3月11日 (日)

ペーパークラフト

ペーパークラフトは昔よく作っていました。
キットも自作も作りました。
今でもいくつか残っています。

ペーパークラフトにも工作のエッセンスは多く含まれます。
正確なカッティング、丁寧な折り、丸めるためのしごき、そして上手な糊付けなどです。
現物合わせもかなり必要になります。

最近はコンピュータで作成されたキットが多く、手描きされたペーパークラフトはほとんど見なくなりました。精度は昔よりずっと良くなっていることでしょう。
現物合わせの苦労はだいぶ緩和されたはずです。

ネットのおかげで、いろいろなキットを目にすることが出来るようになりました。

今回取り上げるのは大規模な有料キットです。
まずこちら。
http://www.tvc-15.com/

昔、怪しげな立体駐車場ビルの4階だったかに入っていたガレージキットのお店がありました。
私はその雰囲気が好きで、買うお金もほとんどないのによく出入りしてました(ガレージキットは中高生には高いのですよ)。
その店長さんのブランドがTVC-15です。
有名な版権もののガレージキットをリリースされていましたので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

店長には長いことお目にかかっていません。
そういえば20年以上前、今後ペーパークラフトに取り組むというお話を耳に挟んだことがあったような。

サターンロケットは強く心惹かれるものがあります。
製作はかなり腰を据えてやる必要がありそうです。

また、マーキュリーカプセルも魅力的です。
ライトスタッフが好きな人にもおすすめです。
フェイス・セブンはライトスタッフのエンディングでゴードン・クーパーが搭乗しました。ロケットが蒼穹を駆け征く感動的なフィナーレを飾ったそのカプセルです。
なおゴードン・クーパー氏は2004年に死去しています。

次にこちら。
http://www.digitalnavy.com/

有名ですね。デジタルネービー。艦船模型です。
こちらもいろいろありますが、戦艦扶桑と重巡高雄が惹かれます。
こちらのメーカーは高雄については「白鳥のごとき優美さ」と称えています。
そのほか無料のキットもありますよ。

| | コメント (1)

2012年3月 8日 (木)

Stark DLG

Stark02 Stark04 Stark01_2

Stark03

あらぽんの好意で、彼の最新鋭機Starkの味見をさせていただきました。
ロシア製でAkcent2の後継機。
キットの主翼が110gと軽量です。全備256g。

主翼はモールド内で左右一体バギング。
水平尾翼台座は胴体と一体。垂直尾翼もパイプエンド付きで、はめ込むだけ。
主翼のカーボンは織込済で、翼面にはAkcent2のようなわずかな段差はありません。

全部HitecHS-5045HBデジタルサーボ。
Akcent2同様たいへん素直な飛びでした。
今回勝負はしてませんが、間違いなく強敵です。

| | コメント (2)

2012年3月 3日 (土)

長年の疑問

◆およそ誰のためにもならない柔道に関するメモ◆

大内刈りという技がありますが、あの技の脚さばきの教え方に疑問を感じていました。
この技は①右足をすこし左に踏み込み、②次いで左足(軸足)を右足のかかとの右側に寄せますが、このとき左足を外側に開いて置くようにしている人が多いのです。
同時に腰が横を向いています。

やってみればわかるのですが大内刈りは返しやすい技です。軸足が横を向いているので、これを払ってしまえば後ろに崩れます。軸足を開いて置いているからです。
また、腰を横に向けたまま刈りますので威力も大したことはありません。

わたしは、軸足(左足)を置くとき足先を前に向けるべきだと思うのです。こうすることで大内刈り返しに強くなりますし、刈った後うまく体重前方にを浴びせることができます。
軸足を前に向けることにより最初から腰が前を向いているので、一本を狙える鋭い刈りが可能になるのです。
軸足を前に向けても、連絡技には特に不自由はしません。

手順としては体を開かずまっすぐ相手に突進して軸足を右足にクロスしてまっすぐ置き、引き手は腰に引きつけ吊り手は時計回り1/4回転しながら相手の左脇付近を制します。
そして体重を浴びせつつ1時の方向に刈り倒すのです。

二人で脚を上げてケンケン、という意味のない技にはなりません。
お試しあれ(誰がどこで!?)。

ただ、この技で試合で大きな相手を倒したっていう実績はありません。乱取りでは効きましたけど。

ところで、大内刈りは相手の釣り手をくぐって左右を逆にしてしまうと面白いように決まります。体を開いて逃げられなくなるからです。奥襟を取りにくる大きな相手を倒すのに有効です。
奥襟を恐れず、素早くくぐって足を攻めていれば奥襟を取りに来なくなるかもしれませんよ。

他にも組み手争いで相手に襟を取らせず先に袖を取る方法とか、袈裟固めをうまく返す方法なんかもあるんですが、またの機会に。

| | コメント (1)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »