« 自作の方のためのマイクロ機作業例 | トップページ | リンク集 »

2012年2月 2日 (木)

10年

Yasumicro
10 years of my micro DLGs

わたしのRCマイクロDLGは今年が10年目です。
はじめて真のマイクロDLGと言えるものが完成した2003年、他には同様の例は見つかりませんでした。
同機は日本よりも欧米で関心を呼び(たとえばRC Groupsにスレッドが残っています)、また岡本氏が2004年のF3J世界選手権に持ち込んで海外フライヤーに譲渡したことでさらに話題になったそうです。
このことは当時の世界戦の記事を載せている海外フライヤーのページでいまでも確認できます。

それを見た誰かがどこかのメーカーに同様のものを作ってくれと依頼して出来たのがなんとやら、はまた別のお話。

現在はさらにメカが充実し、だれにでも同様のものが作れるようになりました。
またその可能性も認知されるようになってきたと思います。
この種のマイクロDLGがRCグライダーの市民権を拡大する一助になることを願うばかりです。
同時にまた、私自身がよいものを作って行きたいと思います。

なお上に挙げたRCGのスレッドにはマークドレラ博士がコメントを寄せ、AG04はこの種の機体には厚すぎて向かないと述べられています。2003年の話ですが参考までに。


フルサイズの方では今年の主力機、Orionの2号機をゆっくり組立中です。
予備機まで放出してしまったので現在フルサイズの手持ちがありません。
主翼は124gとずいぶん軽くなっていました。

|

« 自作の方のためのマイクロ機作業例 | トップページ | リンク集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自作の方のためのマイクロ機作業例 | トップページ | リンク集 »