« 「D」または「SA」なのかどうか | トップページ | 10年 »

2012年1月18日 (水)

自作の方のためのマイクロ機作業例

比較的良いバルサが入手できました。製作意欲が湧いたので新たに主翼を削り出しました。

Cimg5282b

翼端を塗ってあるのははじめて受注した左利き用主翼です。左用は尾翼も左右逆になります。
右はマイクロ用に薄手で作ったザッケンバンド。
後ろのノートPCは年季の入ったIBMのX40。

現在試験中の翼型の目標イメージはこんな感じです。
ちょっと誇張されています。誇張されたイメージに近づけた後、全体をなめらかにします。
あくまで目標なので実際削ったものはちょっと異なってきます。
ほぼフラットと書かれた部分は板面を磨いてそのまま使います。材料に対して基準線をネガティブにするかたちで使います。
柔らかすぎて後縁を削れないなとあきらめていた材料も、この翼型なら使える主翼が出来るかも?
翼型変化に伴うナチュラルなウォッシュアウトがついています。
1202c

以前の主力翼型はこんな感じでした。

0706b

何となく作業が固まってきましたので、自作される方の参考のために作業例を書いてみました。

塗装はケバ落としスプレー1回、軽く目止め刷毛塗り1回、仕上げスプレー2回の4回塗り。
※実験機と尾翼は目止めと仕上げを1回省いて2回塗り。

主翼製作は乾燥時間を除いて2時間弱。
尾翼は切削10分、塗装研磨20分。
受信機のピン抜去、半田付け、メカ積み・リンケージ等約2時間。
主翼・胴体組み立て40分。
計、乾燥時間を除いて5時間前後で完成します。

最近作った機体の原材料費(送料等を含まず)

受信機1,980円(FrSky)
サーボ2個2,000円(GS-2502)
電池580円
コネクタ120円
リンケージパイプ、ロッド計310円
カーボンパイプ約600円
バルサ、グラス板、カーボン板、カーボンロービング、ヒンジフィルム計約450円
ポッド約60円
塗料等1機あたり約90円

もっと安く入手できるものもあるはずですので探してみてください。

|

« 「D」または「SA」なのかどうか | トップページ | 10年 »

コメント

BOEING J 、FX38-153 や RAE 5213 に似た翼型ですね。

投稿: Nurflügel | 2012年1月19日 (木) 11時13分

私も結果的にリアローディング翼などに似てしまったのが面白いと思いました。

投稿: うえの | 2012年1月19日 (木) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「D」または「SA」なのかどうか | トップページ | 10年 »