« 琵琶湖 | トップページ | 抜き打ち試験考察 »

2011年8月 9日 (火)

思い立ったら

Cimg0710
高松まで1時間ちょっとです。上限1000円は終わってしまいましたが、軽1BOXのあらぽん号なら往復3000円。大差ありません。
午後から、ふと思い立ってお邪魔できてしまう距離なのです。

写真は名手藤目さんに新しい方のマイクロを味見してもらっているところです。
右上方はこの日カモになってくれたFWミニS。
風が穏やかで弱いサーマルがあったりすると、このクラスの機体にはちょっとかわいそうなぐらい楽勝です。

ランチの高さは相手が40、こちらが30ちょっとでしょうか。

この新型機の翼型は、あえて一部滑らかな線を破ってあります。
吉と出たかはわかりませんが、凶にはなっていない模様。

エレベータダウンを思い切って減らしたのはちょっとまずかったようで、ランチ後は早めにダウンを打ち始める必要があります。次回作で修正します。
また、大きくクロスしたテールも(私自身を含めて)否定的な意見が多く、次回は取りやめることになるでしょう。

|

« 琵琶湖 | トップページ | 抜き打ち試験考察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 琵琶湖 | トップページ | 抜き打ち試験考察 »