« Mistral DLG | トップページ | 風より早く風下へ »

2011年6月28日 (火)

notos DLG 進空

Notos005 Notos004 胴体断面は逆三角風味

日没前にnotosの初飛行を行うことが出来ました。

全備重量は275g(ノーズバラスト11g)で仕上がっています。
軽くはありませんが、無風&無サーマルでない限り、特に重くて困る数値ではありません。

ランチの振り抜きは軽く、素直に上がります。

先に「素材構成等から特に最先端の性能を狙ったものではないだろう」と書きましたが、思いのほか良く飛びます。これはこのまま競技に出られますね。

滑空は速度の乗りがよく、抵抗の少なさを感じます。

飛びは素直で、操縦は容易です。難しさや違和感を感じる人はほとんどいないでしょう。
旋回初動時のラダーはきっちり必要です。ミキシングを入れるなどしてください(比較すると先のOrionはラダーもエルロンディファレンシャルもほとんど必要ありません。面白い違いがありますね。)。
ブレーキは60度以上下がるようにしましたのでよく効きます。

総じて、DLGへの移行者から競技フライヤーまで広く勧められる良い機体だと思います。
直貼りですので修理もシャーレよりずっと容易です。

Notos006 8ピースのコアが美しいシルエットを形作ります。

次回入荷は9月頃の予定とのことです。

|

« Mistral DLG | トップページ | 風より早く風下へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Mistral DLG | トップページ | 風より早く風下へ »