« マイクロ機の現状 7 | トップページ | 3機同時 »

2011年5月20日 (金)

マイクロ機実戦編 1

110520a 110520c 110520d

クラフトるうむでサシのマイクロ機対決をしてきました。

こちらは26gのバルサ翼機。
某尊師は33gの直貼り機&35gのバルサ翼機。

舞台は弱風の河川敷で、サーマルとシンクが入り交じった条件でした。

対直貼り機
1-3
0-3
0-3
3-2
(ラウンド合計1-3)

対バルサ機
3-1
3-0
1-3
3-2
(ラウンド合計3-1)

激闘でした。

某尊師の直貼り機はランチが高く、よく走ります。
私の機体も上空の脚はわりとあるのですが、ランチの最高速が出ないため高度には差がついてしまいます。
直貼り機に対しては高度で5m以上劣っていたため、およそ勝負に持ち込むことが出来ませんでした。
沈下はこちらが優位だったようにも思えましたが、僅差の勝負ではなかったためよくわかりません。

バルサ機に対してもランチでいくらか劣りましたが、こちらの沈下が明らかに優っていたため、上がり勝ちました。これはうれしい。

今回は26gの機体一機だけでの勝負となりました。
ランチが二倍上がる3サーボ機は室内で落として尾翼を壊し、修理待ちでした。ただこの機体はランチが高いだけで滞空は木偶の棒ですので、どうせ使っても負けたでしょう。

某尊師の新型直貼り機は新工法を用いていて、面倒な主翼接合作業が不要になっています。
市販も検討しているということです。

私の次回作は近日登場。

|

« マイクロ機の現状 7 | トップページ | 3機同時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイクロ機の現状 7 | トップページ | 3機同時 »