« 幼稚園 | トップページ | 実機の話題 »

2011年4月 8日 (金)

発売されました

P1050842

クラフトるうむからマイクロSAL組立セットが発売されました。

写真は同セットに含まれるものと同じ素材・メカから製作された岡本さんの機体です。
フィルム貼り済み30g台中盤とのことです。これが一つの目標になります。

モジュール式送信機のユーザー向けのセットです。

主翼の磨きだしですが、翼型や平面型は原寸図が入っています。
はじめて作られる方は600×80×6㎜バルサを別途購入するなどして一度主翼の製作を練習してみても良いかもしれません。

大きくて硬いサンディングブロックを用いると上手に削れます。
大きさはかまぼこ板を2倍の厚みにしたものぐらいがあれば足りるでしょう。
これに貼り直しのできる両面テープを用いてサンディングペーパーを貼り付けます。
番手ごとにいくつかブロックを用意すると便利です。
両面テープははがせる側を木材側にしてください。

塗装仕上げの場合はクリアラッカーをおすすめします。
蛍光塗料等で翼端を目立つようにしておくと視認性が向上します。

フィルム仕上げにする場合は軽く1回クリアを吹いて毛羽を落としておくといいでしょう。
付属のクラフトるうむウェットフィルムは伸び縮みしません。アイロンをかけてもごくわずかしか縮みません。曲線部等は細かく切り込みを入れて折り返すようにします。
尾翼には全面にフィルムを張る必要はありません。ラッカーで仕上げたのち切り離してヒンジラインを斜めにカットする加工をし、細く切った上記フィルムを貼ってヒンジにします。

※早速品切れになってるようです。

|

« 幼稚園 | トップページ | 実機の話題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幼稚園 | トップページ | 実機の話題 »