« マイクロ機の現状 6 | トップページ | マイクロ機の現状 7 »

2011年4月28日 (木)

柔道のはなし

幼少期を過ごした赤道直下、スマトラ島でのことです。
ある日、柔道の修行をしながら各国を巡っているという青年を父が家に連れてきたことがありました。
父は公務のかたわら現地で空手の指導をしていましたので、気が合うところがあったのかもしれません。

私も何か記憶に残っている気がするのですが、その人の顔までは覚えていません。

~時は巡り、わたしの中学時代。

友人に誘われてなにげなく柔道を始めました。中学3年時に段位を取得し、高校では主将も務めました。
が、柔道はそこでやめてしまいました。

先日、家族でさきの柔道青年(当時)の話が出たのですが、両親がその名前を覚えていました。
その方の名は仙石常雄氏。

…!柔道のテキストか雑誌で見たことがある!大変有名な先生だ!

ネットで調べると両親も「そうそう、この人だ」。
柔道の総本山・講道館のウェブサイトに掲載されている技の解説の写真のほとんどに、この仙石八段が登場しています(「取り」といって、技をかけている側)。
気づかなかったところに縁があったのです。

仙石先生は現在インドネシアに道場を開設され、指導に当たっておられます。

なおまったく関係ない話ですが、赤道直下のインドネシアよりも今暮らしている岡山の方が夏は暑いのです。
私は沖縄にも住んでいましたが、岡山は沖縄よりも暑いです。
インドネシアも沖縄も、摂氏35度になることはまずありません。
知り合ったインドネシアからの留学生も、岡山の暑さには参っていました。

|

« マイクロ機の現状 6 | トップページ | マイクロ機の現状 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイクロ機の現状 6 | トップページ | マイクロ機の現状 7 »