« マイクロ機の現状 3 | トップページ | お見舞い申し上げます »

2011年3月 7日 (月)

マイクロ機の現状 4

Cimg3673

一度行き着くところまでやってみて、「ダメ」なことに理由を持たせてやらないと意味がありません。

さて先のハイアスペクトなマイクロ機ですが、低速の狭い速度域でいいのですがそれ以上の速度及びランチでの性能ペナルティが大きいので、もう少しいじってみてからやや穏便なスペックの主翼に戻します。
Iさんの計算結果が正しかったのではないかと思います。
高すぎるアスペクト比(17以上)は真似しない方が良いかもしれません。

また、どうもハイアスペクトの主翼になると同じ上反角でも曲がりにくい気がします。


クラフトるうむから発売されそうな製作セットでは3.5dm^2、32g程度のバランスの良い仕様になるらしいです。

このセットでは主翼は自分で磨いてやる必要があります。
平面形と主翼翼型(磨く際の目標ってことになりますが)、それに磨き方は説明書に載せるとのことです。

|

« マイクロ機の現状 3 | トップページ | お見舞い申し上げます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイクロ機の現状 3 | トップページ | お見舞い申し上げます »