« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

DLG二題

◆マイクロ機の現状

何度か書いているIさんを中心にマイクロ機の競作が続いている状況です。

マイクロ機は製作が早いこともあって絶え間なく進化が続いており、これがいつごろ落ち着いてテンプレートなデザインを示すことができるか予想しにくい現状です。

一応のモデルケースを示すことを試みます。

1.サーマル重視のラダー機

スペック的には翼面積がほぼ3dm^2、重量は27~32gといったところです。

メカはある程度限定されていますので、興味のある方は開発競争に参加されてみてはいかがでしょう。

4ch程度のごく小さい受信機が必要です。
サーボは2~4gクラスを用いますが、エレベータサーボは信頼性を重視して選択される傾向があるようです。
電池は超小型電動機用の1セルリポ、100~180mAhです。
ブームはクラフトるうむから発売されているものあるいはカイト用パイプのごく細いもので、500mm前後で4g前後が好適です。

バルサは軽いものにこだわりすぎると磨いた後にゆがんだりしがちです。
6~7mmのもので比重が0.07程度であれば十分です。硬い部分を後縁にするようにします。

出版されている翼型は少ないので、みなさん試行錯誤しています。
上面は滑らかに成形し、キャンバーをつけすぎず、一方アンダーキャンバーはつけてください。前縁下をきちんと丸めてください。
最大翼厚は15%前後に来るものが多いようです。

尾翼はかなり小さいものです。1~2mmバルサから製作します。

主尾翼は磨き終えたらラッカーを吹き、毛羽を取り、もう一度ラッカーを吹きます。

主翼左右はグラスでつなぎ、最後に重心を決めつつ胴体に接着してグラスで固定します。

メカはパイプに直接搭載し、ポッドはシュリンクチューブ等で作ります。

視認性が深刻な問題になりますので、翼端などに蛍光塗料を、また下面にはシルエットにするため濃い色の塗料を一吹きすることを強く勧めます。

ランチは40m弱といったところでしょうか。
進入性は初めて見た方は予想以上にあると感じることでしょう。

2.高度に特化したタイプも依然進化の可能性があります。

このタイプでは現在ランチ高度が50m前後に達しており、フルサイズ機と大差ありません。

重量は50~60gで、3サーボを搭載し可変キャンバーとします。

◆Akcent2

Akcent2を手放すことにしましたが、ネガティブな理由はありません。
完成直後に売ってしまうことは過去にDLA4ライトなどでもありました。
Akcent2は実物に惚れて衝動買いしたところ、注文していた別の機体の発送が近いとの報に接したのが主因です。

Akcent2についてのインプレを残しておきます。

トリエルロンがないせいもあるのでしょうが、操縦性が素直で癖がなく、大変飛ばしやすい機体です。シャープな外観から受ける印象よりもずっと易しい機体です。

フライトモードの変化の影響が分かりやすく、またブレーキもとてもよく効きます。
強風は経験していませんが、微風時に全力で投げてもフラッターの徴候はありませんでした。
DLG入門機を卒業された方から競技に使われる方まで、幅広くお勧めできる機体と言っていいでしょう。
主翼胴体とも素晴らしい剛性を持った機体ですので、特にランチ能力に優れた方には安心してランチできる機体です。
軽く投げてみてもそのリジッドさを実感できます。

勧めやすい機体として高く評価していい機体だと思います。

後に気付いた製作上の注意点も記しておきます。

ホーン類は接着前に洗うかアルコールで拭くなどして油脂分を除去し、接着部をよく荒らしてください。小さなドリルで接着部に穴をあけることも接着の助けになります。

垂直尾翼の取り付けですが、テールブームは繊維方向の都合で割りを入れない方がいいのではないかと思います。

次回は4月上旬に10機程度入荷するとのことです。

| | コメント (2)

2011年2月20日 (日)

マイクロ機乱舞

写真を追加(2/21)

いつも集まるお二方に加えてマイクロ機のデザインに革命?を起こしたIさん、それに兵庫県から某尊師をはじめ二名が集まりました。

110220a

某尊師のモーターパラ。本格的なキャノピーを装備するフランス製で結構なお値段。

110220b

Iさんの900㎜機。これが素晴らしい飛びなのでぜひ1機コピーを作りたいと思っています。

110220c 新世代マイクロDLGのテンプレートになった感のあるIさんの機体。
コンピュータによる解析に基づいてデザインされています。

この日集まったマイクロ機はたしか9機。
ミニファイアーワークスも交えて5人以上で同時フライト勝負が行われるなど、楽しい一日でした。

某尊師とのマイクロ勝負は2-3で敗れました。
特に私の新型は自他共に認める「まれに見る駄作」で、お話になりません(こちらは0-2)。

一方Iさんのフォーマットにのっとって作られた某尊師の最新型(31g)は素晴らしい飛びでした。
なんとかこれからポイントを奪えたのは高度に特化したマイクロ4号機でしたが、10m前後の高度差をもってしてなんとか勝負になるだけで、上がりでは比較になりません(こちらは2-1)。

そのほか今日はIさんから借りていた900㎜機の素晴らしい飛びに浮かれていてこれを木に引っかけるという大チョンボを犯しました。
皆さんに手伝っていただいて回収しました。もうしわけありません。
この借りは何かの機会にお返ししますので。

新しいマイクロ機と900㎜を作らないといけませんね。
なお、まれに見る駄作はメカを取りだして尊師に引き取ってもらいました。

| | コメント (0)

新マイクロ機

11021803 11021804

新型マイクロ機(通算14号機、去年再開から5号機)です。
1作目よりもフルサイズに近い風情になりました。
とくに4号機とは面積が倍半分ほど違います。

いろいろ妥協して作ったのでちょっと製作記事は後回しに。
とりあえず性能を見てみましたが、なんとも微妙。

浮きはそこそこ、ペネはかなりあるんですがスピン癖があったりいろいろ飛ばしにくいところがあります。
もう少しいろいろ詰めてみます。

他に問題と感じるのはハイアスペクト+一段上半角特有の運動性の難です。

重量は37gですが、これは現在このクラスで最も軽い機体より2割も重くなってしまいました。
これだけ差があると影響が出ます。

| | コメント (0)

2011年2月18日 (金)

Akcent2 製作その5

注意※前回の製作記事中、垂直尾翼を接着する前にリンケージロッドを接着するという過程が抜けていました。
垂直尾翼を接着してしまうと瞬間接着材をたらすことができなくなりますので、かならず垂直尾翼接着前にリンケージパイプを接着してください。
万一先に垂直尾翼を接着してしまった場合は、瞬間を流さなくてもテールパイプ内にスポンジ片を押し込めば固定できます。

ではエルロンの工作です。
この機体は上面からリンケージを取り出すことにします。
使用するのは1mm/2mmカーボンパイプ+0.8mmロッドです。

11021703 11021706 11021704

写真の位置の主翼スキンを切り取ります(幅2mm×長さ10㎜)。
引いてある線はロッドを通す方向です。

ピアノ線(0.6~0.8mm)を熱してここから突き刺すのですが、自信のない方はバルサなどでスロープを作ってください。

ピアノ線は冷えていきますので先の方の穴は小さくなります。
そこで二回目はピアノ線の先端ではなく途中を熱してもう一度、少し速めに通します。こうすると先端はコアをとかしませんので間違った方向に行きません。
やりすぎ注意!

難しいと感じる方は外装リンケージ+下側ホーンで製作してください。

11021705 ここに出るようにします(主翼外側、下面側)。

11021710 サーボの入り方(接着はまだ)

11021711 11021507 ダンボールでカバー

主翼側コネクタをはんだ付けする際はカバーして行うとよいでしょう。
コネクタはホットボンドを穴に注入して押し込み、固定します。
シリコン系接着剤でも構いません。

11021713 11021715

胴体に穴をあけ、胴体側コネクタ受けをバルサで作ります。

11021716 ホットボンドで

コネクタを接続した状態で胴体内にホットボンドを注入し、素早く主翼を載せてネジを止め、冷めるのを待ちます。

エルロンサーボの接続がすんだら起動して方向とニュートラルを確認し、オフセットも調整してください。
サーボホーンの長さを調整したらサーボをシリコン系接着剤などで接着してください。

その後、ロッドを曲げ、エルロンホーンに通してホーンを接着します。手順を逆にしてしまうとあとでホーンに通すことができなくなります。
ホーンを接着する際はコアを除去して下面スキンに接するようにしてください。

11021717 エルロン完成

11021720 ラダーリンケージ完成

11021726 書類フォルダで

エルロンサーボの上に蓋をしてやります。
穴にピッタリに切った書類フォルダを透明梱包テープの上に置き、穴に貼り付けてやります。ほとんど段差なく仕上がりました。

11021723 完成

ノーズバラストが14g乗って278gで完成しました。
C.G.は74mmとして様子を見ています。
NiMHならちょうどバラストなしになりそうです。

インプレは次回以降に

| | コメント (0)

2011年2月17日 (木)

Akcent2 製作その4

11021501

尾翼を接着する前にメカベッドの位置決めをして固定します。
位置が決まったら尾翼位置をマークしてリンケージパイプの長さを決め。カットします。

11021504 11021505

カットしたパイプの端は細かいペーパーで磨いてください。
その後カッターマットなどに「コツン」とやって、内部の粉を落とします。
端は割れないようにシュリンクチューブなどで止めておきます。

エレベータのリンケージパイプを接着します。
瞬間接着剤が尾翼につかないように気を付けてください。<追記>

水平尾翼台座を接着します。
主翼と水平尾翼両端の関係を後ろからよく見て、まっすぐつくように。

11021510

私は瞬間で接着+マイクログラス(樹脂)で保険をかけました。
調整するためエポキシで接着してもよいでしょう。

ラダーのリンケージパイプの長さを決め、接着します。<追記>

その後垂直尾翼も接着します。
こちらは瞬間は絶対不可。エポキシで接着します。

11021509 こちらも保険付き

保険のグラスはハードランチャーは施してください。
そうでない場合はなくても大丈夫のようですが、テープを貼ってもよいでしょう。

11021502

主翼用に4ピンコネクターを用意しておきます。
下はエルロン用の2mm/1mmカーボンパイプ+0.8mmロッドです。
今回エルロンリンケージは主翼内を貫通して上面に導きますが、外装して下側ヒンジに作れば簡易です。

今回はここまで。
次回はエルロン等を製作して完成になります。

★ちょっぴりインプレ

緑の個体はバラスト込み278gで完成しました。
ランチした瞬間すばらしい剛性であることが実感できます。
主翼もパイプも全く曲がった感じがないのです。
完全な剛体を投げたかのような錯覚を覚えます。
振りぬきは重量の割に軽く、ランチはよく上がります。
わずかな時間でしたが、相当良い印象を持ちました。
静穏な時にじっくり飛ばしてみたいです。

| | コメント (0)

2011年2月15日 (火)

カーボンチェロ

あるんじゃないかと思って検索したらやっぱりありました。
しかもすごい勢いで勢力を拡大中で、すでに有名オケでも数多く用いられているようです。
素晴らしい音色です。
ぜひ動画サイトで検索してご覧ください。

| | コメント (0)

2011年2月13日 (日)

Akcent2 製作その3

前回終えたエルロンサーボ穴ですが、必要に応じて上面内側にグラスを貼るなどしてください。

さて今度は水平尾翼です。

水平尾翼はネジ取付け部が透けて見えますので、中央の大きな補強部の真ん中に穴をあけます。

水平尾翼固定に用いるのはプラビスです。短くカットされた白いパイプが2本入っていますが、これはアライメントピンです。

★注意★
プラビスはマイナスドライバーで回しますが、ドライバーが滑ると尾翼に大穴をあけますので指先で押さえながら慎重に回してください。

ネジ穴が開いたら水平尾翼台座のアライメントピン穴をドリルで貫通させてください。
実はこのアライメントピンの穴がずれているので、これから現物合わせを行うのです。

台座に水平尾翼をプラビスでしっかり取り付けます。先述したように慎重に。

パイプにはまる部分にペンなどを挟んで、ヒンジラインとの垂直をチェックしてください。

11021301

この状態で、先に貫通したアライメントピン穴を通して垂直尾翼にドリルを立てます。尾翼を貫通させないように。

私はアライメントピンは台座側に接着しました。

次に水平尾翼の位置決めをします。
水平尾翼の後端と垂直尾翼の前縁の間隔を5~10mm開けて、位置をマークしてください。接着はまだです。

11021302

エレベータのコントロールロッドの取り出しは台座の中になります。
マークした位置のパイプ天面にドリルで穴を数個あけ、ペーパーでやすってリンケージに合わせてください。

なお尾翼リンケージですが、作例では1.0/0.5mmカーボンパイプ+0.45mmステンレスロッドを用いています。
海外ではトーションスプリング+糸片引きの作例もあるようです。
お好みで。ロッドの場合、メカにもよりますが機首に10g以上のバラストが必要です。

11021304

尾翼ホーンを5分間エポキシ接着剤で接着してください。
実はエポキシ接着剤を用いるのは2年ぶりでした。主剤が変になりかけていましたが、湯煎してよく振ったら復活したので、硬化することを確認して用いました。

ホーンは接着部を反対側スキンまで掘り、コアを完全に除去します。
反対側スキンにぴったり接着するようにしてください。

11021306 このように

本日はここまでです。
次回はメカの位置決めをしてリンケージパイプの長さを決め、尾翼&台座を接着します。

| | コメント (0)

Akcent2 製作その2

エルロンサーボを取り付ける穴をあけます。

1102110 位置はサーボ内側が主翼中央から100㎜、スパーの前

ヒンジラインから直角になるようにします。
前後方向はサーボのサイズぴったりになるようにしてください。

1102111

マスキングテープで覆って、丁寧に表皮を切り出します。
上面表皮を傷つけないようコアを除去します。
薄いサーボなら途中まででいいのですが幅11ミリぐらいになってくると上面表皮までコアを取る必要があります。

1102112_2 リード線を通す穴はあらかじめ開いています。

この穴の出口を探す必要があります。
前方ネジ穴の12ミリほど後方のようですが、やや個体差もあるようです。

1102113 針金を通して向こうからライトで照らします。

1102114 出口を開口しました。

本日はここまで。

なおこの機体はすでに完成済みです。ノーズバラストが12gほど乗って274gでした。
私は飛ばしていませんのでテストの結果は岡本さんからの伝聞です。
「ランチは素直で高く、大変よく飛ぶ。このままカップで使ってみたい」とのこと。

| | コメント (0)

2011年2月12日 (土)

Akcent2 製作その1

さてではアクセント2の製作編です。

◆垂直尾翼の加工から行ってみましょう。

1102111 柔軟性のある定規で

1102113

尾翼側を切り欠いて接着部を成形します。パイプ側は加工しません。繊維方向の関係です。

カーボン補強部分が透けていますので、そのあたりにマスキングテープを貼ります。
ヒンジと直角に幅6ミリの2本の平行な線を引きます。
前縁から30ミリまで切り欠きます。

1102114

棒やすりや丸めた紙やすりで少しずつ削り、パイプに合わせます。

1102115 このように

色が違いますが気にしないでください。
何度もパイプに現物合わせしてください。

1102116 タイトにフィットしました。

ただし接着はかなり後になります。あわてて接着しないでください。

◆次は主翼のネジ穴開けです。
主翼の作業はへこませないように気を付けてください。
表面をいじるときはマスキングテープを貼るのが基本です。

これが実は最初の難関です。胴体側のネジ受けはすでにできているのです。主翼側で調整しなくてはなりません。

1102118 1102119 計測&観察

ネジ穴の距離を正確に測ります。
次に胴体にネジを差し込んで前方からテールまで見通します。
ネジが中心線上にあるかどうかをよく見てください。ズレていたらメモしておきます。

主翼前方ネジ穴を開口します。モールドされた凹みの中央に開けてください。

11021110 11021111

次に、先に図った通りの距離に下面に印をつけます。
下面側から、少し小さめの穴をあけます。
前方ネジで主翼を締め付け、翼端からパイプの後端までの長さをそろえます。
おっとその前に、前方ネジ穴から翼端までの距離も測ってください。
誤差があれば同じ距離になる基準点を作っておいて、パイプとの距離を測ってください。

長さをそろえたら後縁中央と胴体に合いマークをつけ、さらにテープで止めます。

11021112 作業用ライト

この状態で穴の中をのぞきます。
主翼側の穴がどっちにずれてるかなーと確かめるのです。アナログですね。
その結果をメモして、少しずつ穴を修正しながら広げます。棒やすりが何本もあると便利です。

※結果的に主翼のネジ穴モールドの中央に穴をあければ翼と胴体がほぼ直角になるようなのですが。

本日はここまで。

| | コメント (0)

2011年2月11日 (金)

急きょ変更

マイクロ機は表面仕上げに失敗してリカバリーできるか微妙です。
作り直しの可能性もありますので一時中断いたします。

代わりまして次回からしばらく Akcent2 DLGの製作をお送りします。

Ak2wr001 仮組み

Akcent2はロシア製のDLGです。

主尾翼は直貼りですがメス型の中で行われています。コアはCNCミルで削りだしたもので、熱線カットではありません。
わずかに削りだした痕跡(前後方向に削った細かい微かな深さの溝)が表面に浮いて出ています。
ディザ部分も触れればわずかに盛り上がっています。
これは型にはないもので、おそらく硬化時の収縮で生じたものでしょう。
しかし性能上大きな問題とはならないと思われます。
(※兄弟機のAkcent1はシャーレ工法です)

総じてきれいな仕上がりです。
主翼重量は個体差はありますが120g台前半です。
主翼のねじれ剛性・曲げ剛性は過去に見た機体の中でも最高レベルでしょう。

シャープな造形の胴体は軽量なポッドブーム一体。フルカーボンで40g前後。2.4GHzフレンドリーのグラスカーボンコンビが+2g程度。
最近よく見る前後方向のファイバーで構成されています。
剛性はこれまた過去見た中で最高レベルだと思われます。
きわめてスリムな胴体で、よく用いるデジタルサーボHGD-202HBではホーンがキャノピーにつっかえます。
上記サーボでもホーンを下向きに曲げれば何とかなります。
胴体内4サーボは、9g級ではおそらく不可能です。
標準で主翼搭載となっていますので、ひさしぶりにそのように製作してみようと思います。

尾翼台座はカーボン製。台座の中からリンケージを取り出すようになっています。よくできた台座です。

次回から製作編です。

| | コメント (0)

2011年2月 7日 (月)

マイクロ機製作01

110207a1 ざくざく

5mm~8mmバルサから好きな平面型を切り出します。
このとき重くて硬い方がわかれば、そちらを後縁にします。
左右をそろえたら重さを量り、軽い方をペグ側にします。
方向が決まったら後縁をカッターでザクザク落とします。
前縁も少し落としてください。後縁の厚みは2mm~3mm残してください。
ここまで左右合わせて5分弱。

110207a2 外などで

平らな板の上において(この板の表面はサンドペーパーでけばを落としておきましょう)磨きます。
#60→#100→#180→#240ぐらいの感じ。
私は上面後縁から磨きます。

110207a3 ピントが合ってない

#240まで磨いた時点で後縁の厚みは1mmぐらい残してください。
前縁下もここで荒く整えます。

110207a6 スポンジブロック

これがおもに使うブロック。硬質スポンジです。
後方にサンディングボード二種類。大きいボードでちょくちょくうねりを取ります。
写真のようにぐっと曲げることで下面のアンダーキャンバーを削ります。
このとき後縁を0.3mm程度まで削ります。
カーブしたブロックを用いる人もいます。
ここまで左右で30分。

110207a4 またピントが

#600→#1200で仕上げて削り終了。次は表面処理です。
マスクをして作業しましょう。
ここまで40分弱。

肝心な整形に関してですが、これは説明できるものではありません。
手を動かして練習あるのみ。がんばってみてください。
左右の差は見て触って分かるようになれば最高です。テンプレートを作ってもいいでしょう。
左右をつなげたまま削った方が良いという人もいます。このあたりはお好みで。

| | コメント (1)

2011年2月 4日 (金)

一目ぼれ

JETIから近く発売されるDC-16/DS-16がめちゃめちゃかっこいい!
ほれぼれします。
これ、国内発売されないかなあ。ほしいです。

JETI初の送信機らしいです。もちろん機能が重要ですが、パーツで実績あるメーカーですからカタログ上そろっていれば私なら買います。
プロポを外見でほしいと思ったのは初めてです。

国産もこういうセンスで作ってほしいなあ。

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »