« カーボンチェロ | トップページ | Akcent2 製作その5 »

2011年2月17日 (木)

Akcent2 製作その4

11021501

尾翼を接着する前にメカベッドの位置決めをして固定します。
位置が決まったら尾翼位置をマークしてリンケージパイプの長さを決め。カットします。

11021504 11021505

カットしたパイプの端は細かいペーパーで磨いてください。
その後カッターマットなどに「コツン」とやって、内部の粉を落とします。
端は割れないようにシュリンクチューブなどで止めておきます。

エレベータのリンケージパイプを接着します。
瞬間接着剤が尾翼につかないように気を付けてください。<追記>

水平尾翼台座を接着します。
主翼と水平尾翼両端の関係を後ろからよく見て、まっすぐつくように。

11021510

私は瞬間で接着+マイクログラス(樹脂)で保険をかけました。
調整するためエポキシで接着してもよいでしょう。

ラダーのリンケージパイプの長さを決め、接着します。<追記>

その後垂直尾翼も接着します。
こちらは瞬間は絶対不可。エポキシで接着します。

11021509 こちらも保険付き

保険のグラスはハードランチャーは施してください。
そうでない場合はなくても大丈夫のようですが、テープを貼ってもよいでしょう。

11021502

主翼用に4ピンコネクターを用意しておきます。
下はエルロン用の2mm/1mmカーボンパイプ+0.8mmロッドです。
今回エルロンリンケージは主翼内を貫通して上面に導きますが、外装して下側ヒンジに作れば簡易です。

今回はここまで。
次回はエルロン等を製作して完成になります。

★ちょっぴりインプレ

緑の個体はバラスト込み278gで完成しました。
ランチした瞬間すばらしい剛性であることが実感できます。
主翼もパイプも全く曲がった感じがないのです。
完全な剛体を投げたかのような錯覚を覚えます。
振りぬきは重量の割に軽く、ランチはよく上がります。
わずかな時間でしたが、相当良い印象を持ちました。
静穏な時にじっくり飛ばしてみたいです。

|

« カーボンチェロ | トップページ | Akcent2 製作その5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カーボンチェロ | トップページ | Akcent2 製作その5 »