« Akcent2 製作その1 | トップページ | Akcent2 製作その3 »

2011年2月13日 (日)

Akcent2 製作その2

エルロンサーボを取り付ける穴をあけます。

1102110 位置はサーボ内側が主翼中央から100㎜、スパーの前

ヒンジラインから直角になるようにします。
前後方向はサーボのサイズぴったりになるようにしてください。

1102111

マスキングテープで覆って、丁寧に表皮を切り出します。
上面表皮を傷つけないようコアを除去します。
薄いサーボなら途中まででいいのですが幅11ミリぐらいになってくると上面表皮までコアを取る必要があります。

1102112_2 リード線を通す穴はあらかじめ開いています。

この穴の出口を探す必要があります。
前方ネジ穴の12ミリほど後方のようですが、やや個体差もあるようです。

1102113 針金を通して向こうからライトで照らします。

1102114 出口を開口しました。

本日はここまで。

なおこの機体はすでに完成済みです。ノーズバラストが12gほど乗って274gでした。
私は飛ばしていませんのでテストの結果は岡本さんからの伝聞です。
「ランチは素直で高く、大変よく飛ぶ。このままカップで使ってみたい」とのこと。

|

« Akcent2 製作その1 | トップページ | Akcent2 製作その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Akcent2 製作その1 | トップページ | Akcent2 製作その3 »