« バルサ欠乏 | トップページ | たまにはおいしい思いも2 »

2010年12月12日 (日)

目標不達

Micro0401 Micro0403

マイクロ4号機の初飛行をしてきました。

結論から言うと50m越えならず。およそ5割増しになった重量にペグが見合わなくなり、力がほとんどかかりません。
最後にはペグが破損しました。
伸びはとても良いので、ペグを強化・大型化すれば40m台後半までは行けそうな感じはします。

Micro0402

4号機はスパン596㎜。重量は65gです。翼厚は4.5%。
3号機をベースにさらに面積を拡大しました。
メカはデジタルサーボ、180mAhリポ1セル(前作は120mAh)、6ch受信機。
写真のサーボはエレベータサーボ。左に電池。
フラッペロンサーボはその後方に天地逆転。受信機はパイプの下に。
メカのパイプ直接搭載は今年のマイクロからはやめています。
正面投影面積を削減することとパイプのねじれを防ぐことが目的です。
ポッドはただの空力カウルで、強度を負担しません。
このポッドは#2以来共通。元来ミニマムなのですが、サーボが増えたのでさらにアクロバティックな収納になりました。

3サーボとしたことで操作できる項目は増えましたが、どうも当初のお気楽路線からは離れてしまった気がします。機体規模が大きくなりすぎてしまった感じです。
性能は確実に向上していますが、正直2サーボの良い意味で軽薄な飛びの方が好み。

ブレーキは必要ないだろうということで上ヒンジにしましたが、重いせいかあった方がよいと感じました。
現場で30度ほど下げる設定にしましたがほぼ効果なし。後の祭りです。

言い訳を用意しておきますが、ペグを直す時間がないので明日このまま新DL-microと戦うのはつらいです。

|

« バルサ欠乏 | トップページ | たまにはおいしい思いも2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バルサ欠乏 | トップページ | たまにはおいしい思いも2 »