« マイクロ機ふたたび2 | トップページ | 良く飛んでます »

2010年10月24日 (日)

2号機進空

(2号機概要)

Micro DLG 2010 #2 (#11 from 2002)

span: 594mm
length: 540mm
weight: 43g
total wing area: about 5dm^2
aileron,elevator: 2*4g digital servos
Rx: SANWA Airtronics 2.4GHz 4ch 3g micro receiver(prototype)
batt.: 100mAh 1cell LiPo

101023a

重量管理に失敗して結局40gを超えてしまいました。5gも軽い主翼を作ったのに、残念です。
原因を調査中ですがどうもよくわかりません。
とりあえずロッドリンクの重さだけでは説明が付かないので頭を抱えています。
主翼を接着してしまっては、全てが後の祭です。

今回のテーマはこのクラスの競技用機のひな形を作ることと、製作の容易なことです。
そのためリンクを面倒だと言われがちな(私はそう思わないのですが)糸からロッドに変更しました。

ロッドでリンクするといくらか重くなってしまいます。
しかし一般的にはロッドの方が製作が楽とされていますので、普及のために今回はあえてロッドでリンクしました。アウターパイプも、製作の容易なカーボンをパイプの外に接着しています。ロッドはステンレスです。
ポリイミドチューブを内装すれば軽いしパイプ外側がクリーンになりますが、避けました。

ところでカーボンパイプですが、カット後端面を細かいペーパーでやすり、ステンレス線を何度か通してそれを抜く際ティッシュで良くふき取ってください。内部に入った粉を抜くためです。
それでも入り口の状態が悪くて抵抗になるときは小さなドリルで軽くさらいます。

101023e

今回はエレベータリンクの便宜のため、垂直尾翼を前にしました。
垂直尾翼をパイプに直付けし、リンケージアウターはパイプを回り込んでパイプの一番下に導いています。
リンケージはいくらか楽になるのでしょう。
尾翼を分割してつなぐ手間や台座の角度を調整する手間もありません。

101023b 101023d

比較的まともな形状のポッドを作りました。
容量は小さすぎて、受信機がピンチに陥りました。
型から作り直さないといけません。

101023c

エルロンリンケージです。特記事項無し。

(フライトインプレッション)

※マイクロ機は一見取っつきやすいですが、中~上級者を対象としています。

尾翼位置が変わったのでランチがどうなるか気になったのですが問題なし。
上空は1号機より落ち着きがあるかな…?
失速は主翼が薄くなったせいか、やや頭を下げる時間があります。

クルーズは1号機より速い!すごく速い!カッ飛びです。
これは単純に滑空比がUPしたと見て良いんでしょうか。
ブレーキがありませんし、ハンドキャッチが怖くて大変です。
しかしこれだけ速ければ多少風があってもいいですね。

トリエルロンを設けていますのでアクロ性能は損なわれましたが、それでも楽しい機体であることに変わりありません。

今後の課題はランチデバイスと、カラーリングでしょうか。

|

« マイクロ機ふたたび2 | トップページ | 良く飛んでます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイクロ機ふたたび2 | トップページ | 良く飛んでます »