« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月22日 (日)

削る塗る6

100822b 100822a

依頼のDLA4はおよそ270gで完成しました。

メカ積みをしてテスト飛行をしてきました。受信機はサンワの2.4GHzの6ch(アンテナは1本)。
性能は問題なさそうですが、途中リンケージのミスからラダーリンケージが外れ、フラッターを起こしてしまいました。

慌てて速度を殺し、フラッターを鎮めます。
尾翼が分解しなくて本当によかった…

ミスというのは――実に馬鹿馬鹿しいのですが――Zベンドしていなかったのです。

私は普段ロッドはエルロンにしか使っていません(太さは0.8㎜)。しかも最近は舵の側もサーボ側もZベンドしません。リンケージのラインをわずかに曲げ、テンションで抜けないようにしています。アウターがカーボンだとわずかに曲げても(硬くてほとんど曲がりません)抵抗はほぼ無視できるレベルなもので…。
Zベンドはホーンの穴を広げてガタを生む原因になりますし、この方がメカの積み降ろしが楽なのです。
この癖で、0.4ミリのステンレス線の先を丸め、直角に曲げてホイとホーンに差し込んだままにしてありました。

幸い高度20m程度を目指したランチでしたので無事に済みましたが、肝を冷やしました。
尾翼リンケージは一部やり直しです。
フラッターでたるんでしまったラダーのヒンジも要修理です。がっかりです。

慣れた方にはお叱りを受けそうな凡ミスです。
手軽でトラブルフリーなバルサ尾翼+糸リンクに染まっているせいですね。
もう少しロッドリンクの工作の要点などを学ばないといけません。

| | コメント (7)

2010年8月11日 (水)

削る塗る4

100810a_2 100810b 100810c 100810f

依頼のA4の仕上げが終了しました。写真に撮ると前回とあまり変わらないですね。
1,2枚目はポッド左側、3枚目は右側です。
エルロンリンケージの穴はこれから開け直します。

主翼台座の仕上げも行いました。
主翼側にビニールを貼り、ポッド側に樹脂パテを盛って主翼をねじ止めします。半硬化時に外して、はみ出た部分を削ります。

さて、憂鬱なリンケージ作業が残りました。
リンケージというのは本当にいやな作業です。
自分の機体なら生地完成後メカ積みを始めるまで1年放置というのもよくあります。
さすがにいまのところ旬の短いDLGではそんなことしませんが…

頼まれた機体なら話は別です。嫌なことに変わりはありませんがすぐにとりかかります。

…取りかかりましたが、配置をミスしてリンケージが干渉してしまい、全部やり直しです。
リンケージ作業はこのように積み上げた作業が全部簡単にパーになってしまいます。
仕切り直しです。
従前の配置を踏襲せず、オリジナル配置にすべきでした(前の製作者を責めているわけではなく、製作者の趣旨を理解しきれなかったのです)。

というわけで、完成はもう少し先になりそうです。

★今度は私のA4。

100810d 正面から写すとこんな感じになってしまいます。
どうしてもこうしてパテ埋めにたよって翼型を出すことになります(先述しましたが繊維が透けないで黒く見えるところがパテ)。
塗装してしまっても良いのですが、私はよくアルコールで拭くので、表面はこれに強い樹脂で仕上げる必要があります。

100810e ※撮影がうまくいってません。一番うねりを見たい部分に「ドアと壁に境目」が映り込んでいないのです。
しかしそれなりにうまくなじみました。

カーボンDボックス部(本当はスパーがないのでBoxになっていませんが慣例上このように記述)を目止め仕上げした場合の重量増はおよそ2~3g(左右合計)です。
アラミドまで目止めすることもできないではないですが(その場合は+10g前後)、アラミド部はうねり取りの研磨作業は出来ません。また、アラミド部は色味がきれいに仕上がりません。手触りがツルツルになるだけです。
※前縁までアラミドの機体は、うねりを取る作業がほとんど不可能ということになります。

樹脂は厚いほど早く硬化し、薄いほど硬化に時間がかかります。
硬化を待ちきれずに研磨作業を急ぐと、樹脂は簡単に落ちてしまいます。

| | コメント (0)

2010年8月10日 (火)

今年の水 など

Wilk 以前書きましたが、炭酸入りミネラルウォーターを愛飲しています。
だいぶ前に紹介したValsという商品は近くで扱わなくなったためしばらく代替品を探していました。

入手しやすいものをいろいろ試しましたが納得行かず困っていたところ、意外なところでいいものが見つかりました。
サークルKおよびサンクス専用商品の「ウィルキンソン タンサン PETボトル」です。

本来のウィルキンソンタンサンは酒屋でガラスビンに入って売っているのですが、高いので飲んだことはありませんでした。
しかしこのPETバージョンは500mlで100円(税込み)とかなりお得です。

炭酸が強めですがとても飲みやすく、そのまま飲んでもいいしシソジュースやウィスキーを割っても良い感じです。

ウィルキンソンはジンジャエールで知っていましたが、この「タンサン」の製造販売から始まった古い日本のブランドなのですね。今回知りました。
カクテルが好きな方には辛口のジンジャエール(「ジンジャー」とのばさない)でご存じの方もいらっしゃるでしょう。

よく行った店もウィルキンソンのジンジャエールを使っていて、おいしいと褒めたらストレートで試させてくれました。舌が痛いほどの辛さでした。しかしこのジンジャエールを好んでストレートで飲む人もいるようです。

※なお、カクテル専用のさらに辛いジンジャーエール(NEOなど)も市場にはありますが、さすがにストレート飲用には向かないようです。

Mimi 新しい家族、三毛猫のみんみんです。
5月末の生まれ。三毛猫なのでメスです。
検査したところ病気は持っていませんでした。健康な親猫に感謝ですね。

| | コメント (0)

2010年8月 4日 (水)

世界選手権2題

F3j2010bax

★F3J世界選手権が現在行われています(ただいま3日目)。

公式サイトはこちら→ http://www.f3jfrance2010.fr/

参加されているささきさんのチームブログLogo5

初日が雨でキャンセルされたため、昨日は4ラウンドを行ったようです。

曳航時間が1秒~3秒というとんでもないタイムが続出し(フライトタイムは9分56~9分58秒)、世界の(ランナーの)レベルの高さを感じられます。

ランナーを務めてみればわかりますが、たるみを一瞬で取れるスピードと、抵抗に抗して引ききるパワーそれに体重が要求されます。

日本チームの活躍を応援してください。

★滑空世界選手権(実機)が行われています。

スタンダードクラスは先にスロバキアで開催され、ディスカス2が1-7位を占めました。
優勝は過去にもここで取り上げたポーランドのセバスチャン・カワ氏でした。

他のクラス(15m、18m、オープンクラス)はハンガリーのセゲドで開催中です。
公式サイトはこちら→ http://www.flatlandcup.hu/2010/

18mには日本人選手も出場しています。

モデラーが注目できる機体としては、まず18mクラスのJS-1が挙げられます。
これは南アフリカ製の新型機で、開発者自身もこのレースに参加中です。ドイツ大手製の機体を押しのけて予想以上の活躍をしているようです。
この機体とASG29が上位からVentus2を排斥しそうな勢いです。

オープンクラスでは世界戦デビューの最新型が2機種います。
スパン28~29mの単座機EB29と、18~21mのASH31Miです。

| | コメント (0)

削る塗る3

繰り返しますが修理の技量でその人の持っている総合技量がわかると思います。
修理というのは定型性に乏しく、ケースごとに手持ちの全技量の応用を求められるクリエイティブな作業だと思うのです。

★さて、今度は有償で引き受けたDLA4の作業です。

こちらはポッドとパイプを外して接着し直す必要があります。
比較的珍しい作業と言えるでしょう。
がっちり取り付けられたパイプを外すのは手間がかかる作業です。まず手順を考えます。

100724a ポッドを壊しても直すことは難しくありませんので(時間はかかるにしても)、パイプを傷つけないことを第一に考えます。
そこでポッドの下側後端を大きくえぐり取り、そこから彫刻刀を差し込んでパイプを固めている樹脂の剥離を目指しました。

結果的に、ポッドの後端の下側、および片方の側面も壊れましたがなんとかパイプ離脱に成功。

壊れたポッドの修理作業を行います。

100724b ①まず外れたパーツから樹脂や接着剤を除去します。
と書きましたが、面倒な作業です。とくに短時間タイプのエポキシ接着剤は作業の邪魔なので完全に取り除きます。エポキシ接着剤というのは修理にとっては大変な厄介者です。
修理のことを想定するわけじゃありませんが、わたしはエポキシ接着剤は1箇所しか用いません。主翼の左右接合の際にイモ付けするところだけです(なおここは強度に関与しませんので、溶剤を含んでいなければ他の接着剤で代用できます。もちろんクロスによる接合には低粘度エポキシ樹脂を用います)。

100724c ②きれいになったパーツを瞬間接着剤で接着します。グラスなどで裏打ちしておきます。

100724e欠損した後部下端を補うためバルサで仮の裏打ちをしたところです。
こういう場合はグラスで裏打ちというわけにはいきません。

100724d ③接着した部分を荒いペーパー(#180など)で削ります。当初の繊維の厚みがほとんどなくなりまで(下地が出るあたりまで)削ります。切れてしまった繊維に用はありません。新しい繊維に置き換えます。壊さないように削りますが、壊れそうな場合はさらにバルサなどで裏打ちし、後に除去します。
写真のリンケージの取り出し穴は一度塞いでやりなおすことにします。

100724f ④薄くなった部分に対応する繊維を、エポキシ樹脂で貼ります(繊維方向は相手とそろえること)。あまり強度の要らない部分で、かつ小さな部分は瞬間接着剤でも代用できますが、あまりおすすめしません。
ここではラップやビニールで巻いた後、ビニールテープでぐるぐる巻きにしました。
この機体のポッドには逆Rがありますので、なじませるためデプロン(白いの)を抱かせて巻いています。

100724x ④’ここまでやって、ポッド後方天面(後方ネジ穴の周囲)を作り直す必要があると感じました。
そこでまず、主翼の上にビニール(ラップや書類フォルダでも可)を貼ってカーボンを2枚積層し、天板1を製作・側板に瞬間で接着します。
側板と天板1の継ぎ目を削り、天板2を積層します。これも2枚。角はロービングで出しました。

⑤パテ(前述)でピンホールを拾い、表面を削って平らにします。薄くなりすぎた部分はさらに積層からやりなおしです。小さな部分でもできるだけサンディングブロックを用いましょう。

100724g  ⑥表面に樹脂を塗り、磨いて仕上げます。ただし、写真の状態はまだピカピカにはなっていません。
写真ではパイプを接着してありますが、すでに尾翼の付いたパイプをアライメントを出して接着するのは説明するのもいやなほど面倒くさい作業でした。割愛させてください。
なお、パイプの接着はいつものようにパイプの周囲に放射状にバルサの支えを入れる方式です。接着剤は瞬間。

100724h ⑦ほぼ生地完成。これもポッドはまだ仕上げが済んでいません。主翼の上面はほぼ仕上げが済んでピカピカです。あとは憂鬱なリンケージ作業が残ります。

ここまでやって修理だと思っています。壊れた部分をそのままにして上に何かを貼るなどして修理するのは応急処置に過ぎません。基本的に、壊れた・つぶれた・切れた(強度に貢献しない)部材は除去し、新たな部材をなじませることが必要です。

修理と補強は分けて考えましょう。
そうすることで余計な重量を増やすことを避けられます。

今回はここまでです。

| | コメント (0)

2010年8月 3日 (火)

削る塗る2

100705e エルロンをなおしました。これは基本的に新作と同じ手順になります。
コアを削って他の部分に合わせて接着し、アラミドを貼ります。今回はバキュームをかけないので、仕上がり目を細かくするためアラミドの上にマイクログラスを貼っておきました。
ホーンを新作・接着してこの部分はできあがり。

100705f 中央部の再接合の前に、ネジ穴を移動しておくことにします。
改造前はメカ積みがアクロバティックだったので、これを緩和しようというわけです。
尾翼も新作したいですが様子見。

これは下面です。このバルサ棒の目は上下方向。周囲をグラスで巻いておきます。
上面側は大きくえぐって、たっぷり樹脂+マイクロバルーンを詰めてあります。

100705g 右翼上面です。欠損部を埋めたコアの上にカーボンを樹脂で貼り、削ったあと目止めしているところです。
削るとカーボンの粉が後半部のアラミドの隙間に入って汚くなります。あまり後方に向けて削らないようにして対処するほかありません。マスキングしても削れてしまいますし。

100712a 上面にカーボンを貼りました。断裂部を覆うように大きめです。その後ネジ穴を開け(この機体は胴体側の穴を動かせないので位置決めに苦労しますが割愛)、サラビスに合うようにくぼませたあとにさらにカーボンを貼ります。
写真はサンディング後です。ツヤがなくなってしまっています。
うっすらと前回の接合跡が見えます。前回の接合に使ったカーボンはできるだけ削ったのですが、このぐらい浮いて見えるのはしかたありません。

100712b 右翼端上面のサンディング後です。パテ埋めした場所は繊維がハッキリ見えていない部分です。パテは樹脂にタルク(ベビーパウダーでも可)、カーボンパウダーを混ぜたものです。深い穴を埋めるときはマイクロバルーンも追加。
実はこの後の仕上げ中にコアが出てきてしまってかなりの部分がやり直しに…
だからコアはちゃんと表皮以下のレベルになるよう削るべきなのです…

100712c こちらは下面。周囲になじませる作業は比較的うまくいきました。コアを削りすぎて繊維の厚みがたりない部分は貼り重ねるかパテ埋めです。面倒な作業です。硬化促進もやりすぎるとコアの変形を招いてうねったりしますし。結局1日1回しか樹脂作業はできません。

100712d これは右翼中央。白くパテ埋めしてありますが、表皮が大きく落ちくぼんでいるのです。挫屈ではなく、アイロンの温度調整を誤って凹ませたのです。これはパテで埋めてステッカーなどで隠すことにしました。アラミドのこんな面積をきれいに新作する自信がありませんので。
なお、アラミド部分のサンディングは作業性最悪です。
このあと、樹脂を塗って磨いて(×4回ほど)仕上げます。

100712e 大きな損傷を免れた胴体もオーバーホールです。メカの配置も変わりますので全部やり直しです。
主翼台座の内部はバラストボックスになります。
削れた先端部をパテ埋めしてサンディングし、全体に樹脂を塗って磨いて仕上げます。
写真はほぼ完成状態です。

今回はここまで。

| | コメント (1)

削る塗る削る塗る

今回行った修理についてちょっと書いてみます。

修理というのは定型性に欠けますので、そのまま参考になるケースというのはなかなかないかもしれません。
修理というのは持っている全技量を要求される応用的な作業です。どういう技術をどう応用するか、これがばしっと決まれば修理はそこで成功したも同然です。

去年メカトラブルで中破した私のDLA4に加えてもう1機、有償依頼のDLA4(プロトタイプ)が対象です。

修理作業はほとんどが樹脂作業です。
したがって順序などを考え、樹脂をどれだけ使うかも考慮して作業を進めます。

樹脂作業を多くを同時に行おうとすると、誤って塗ったところに触ってしまったりしますので注意を要します。
シワ修理や矯正などは治具の製作や設置を行ってから作業を始めます。樹脂の攪拌時間は5分以上、真夏のポットライフは40分程度と見込んでおきましょう。

さて、修理した機体の状況は以下のとおりです。

①私のDLA4
・昨年メカトラブルで真っ逆さまに墜落

(主翼)中央部付近で断裂、ネジ穴破損、片翼エルロンホーン脱落・エルロン翼根部分欠損、翼端付近前縁を欠損、前縁多数凹み、アラミド部シワ8箇所。エルロンシワにともなうねじれ、アイロン修正中に温度管理を誤った凹み
(胴体)先端部破損

→目標
競技の第一線で使うには古いので、フルパワーでの日常ユースに耐えること。それなりにきれいに直すこと。
カーボン部はピカピカに。

→施工内容
主翼接合・欠損部・しわ等修理、主翼前縁カーボン部の研磨加工、主翼位置の後退(ネジ穴移動)、エルロンねじれ矯正、胴体修理、メカ配置見直し

②依頼DLA4(プロトタイプ)
・試作急造ゆえの修正したい点がいくつか、および相当な経年劣化

(主翼)エルロンねじれ
(胴体)胴体・パイプが一直線でない(以前診たときはほとんど曲がってなかったので、接合に使われているエポキシ接着剤の経年変化?)

→目標
三世代古い機体なので競技向けのことをする意味はありません。
当初の性能を回復すべく、アライメントを出し直し、矯正します。
カーボン部はうねりを取って相当程度ピカピカに。

→施工内容
(オーバーホール一式)主翼カーボン部研磨加工、エルロンねじれ矯正、テールパイプ脱着、ポッド・キャノピー研磨加工、メカ配置見直し

★では私のDLA4から。

100705a 右翼端の欠損部分です。大きめに切除してブルーフォームを貼り付けます。
その後ブルーフォームを外皮より少し削り落とす必要がありますが、これがやっかいです。
多少多く削り落としてもしかたありません。むしろ削り足りないと後で大変です。
慎重に、いろんな角度から見ながら作業を進めます。

100705b 主翼中央です。線の付近で真っ二つになり、右翼がちぎれました。左翼は胴体に付いたままでした。写真は仮接着後です。
右翼はエルロンロッドがエルロンホーンを引きちぎってしまい、周辺も挫屈で復帰不能と判断。エルロンの翼根部分を切り取り、翼端と同じようにコアを貼って再生することに。

続きは次回。

| | コメント (0)

2010年8月 2日 (月)

なまってる!

比較的風の強い夕方、DLA4(フルバラ302g)を持って飛ばしに行きました。

何本かフルパワーで投げてみて、すっかりランチが衰えていたことに愕然としました。

最も顕著に衰えたのは握力です。
SALに必要な筋力で最初に挙げるべきは握力だと思っています。ここがかなり衰えていたために重い機体がすっぽ抜けます。

ランチ高度がピークにあった頃のDLA3は315gありましたが、ランチで重いと感じたことなどありませんでした。
その後取り組んだ軽い機体に慣れてしまって、すっかりなまったようです。

また、重い機体は加速に時間がかかります。300gの機体は早めに加速を始めないとリリースまでにフルスピードが乗りません。タイミングの修正も必要です。

軽い機体でも無風ならばほぼ60m前後に達しますから、今まで楽をしすぎたのでしょう。
このままでは風の中で重い機体を使った場合に他の人と差がなくなってしまいます。

そこでサーマルを無視してひたすら背風投げをしました。何年ぶりでしょう。ひさしぶりにスポーツらしかったです。きっと明日か明後日は筋肉痛です。

なお握力は両手を均等に鍛えないと成果の伸びが悪いようです。
また、使いませんが小指を鍛えるようにすると早く伸びます。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »