« おめでとう | トップページ | がんばれF3J日本チーム »

2010年5月22日 (土)

ほぼこてんぱん

久しぶりのクラフトるうむ参りです。飛ばすのも久しぶりです。
Alulaとフルサイズの二本立てで勝負をしてきました。
相手は岡本さんとKさんで機体はともにDLi2(ほぼ生産型と同じプロトタイプ)。
私の機体はA4FXです。

岡本さんにはなんとか勝てましたが、Kさんにはほとんど一方的に負けました。勝負になっていません。
後半は勘をとりもどして戦術を変えたためそれなりの飛びが出来ましたが、結果に変わりはありません。

岡本さんは体の方の不調で、Kさんは尾翼の不調のため、私のランチが常に二人を10~15m上回ります。
それでもなお勝負になりません。

勝負の後でDLi2を味見させていただきました。
なるほどこれでは勝負にならないわけです。なんだこの機体は…!

そして空ものRC歴2年というKさんの腕前もまた驚異です。

いつ行っても新しい刺激を得られる本山参りです。

なおAlula勝負には勝ちました。

|

« おめでとう | トップページ | がんばれF3J日本チーム »

コメント

上野さんブログいっも拝見させていただいてます。

アルーラのテールを短く切って軽量化を考えています。
上野さんは、どう思われますか?

投稿: hlevo2 | 2010年5月25日 (火) 08時35分

ようこそいらっしゃいませ。

さてAlulaですが、テールの長さを短くしてしまうとランチでの尻振りの収束が悪くなりそうな気がします。

現在のところ軽量化に効くのが明らかなのは、胴体を前に伸ばして機首にサーボを積み、併せて軽量電池を積んだりバラストを削減したりすることです。

この方法で160g台を実現したAlula(私の個体ではありませんが)は浮きがまったく違います。
ただし首周りが折れやすくなるなどしますので、カーボン補強等の適当な対策も必要です。

これとは逆に、テールパイプを取り付け、面積を小さくした垂直尾翼を付けるというのはありだと思います。
トータルで尾翼が軽くなり、バラストが減らせる可能性があります。
ただしコンパクトさなどはやや損なわれそうです。

投稿: ウエノ | 2010年5月25日 (火) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おめでとう | トップページ | がんばれF3J日本チーム »