« 歯が鋭い、など | トップページ | 閲覧者の皆様へのお願い など »

2009年10月29日 (木)

SD-10G

091020a 先に書きましたが、SD-10Gを導入しました。
受信機は7chのものです。ケースを外し、シュリンクしました。

説明書はこの手のプロポにしては薄いんじゃないでしょうか。
バインダーになっていますので、普段見ないページは外しておけます。

本体はRD8000より厚いです。落としそうになるかもと危惧しましたが、ホールド性が良いようで実際には気になりませんでした。

設定はRDと比較にならないほど多彩にできますが、逆に言うと最初にいろいろ設定しておかないと飛ばせないということです。
ただこのあたりは高級機ではみんなそうですから、慣れるようにしましょう。

スイッチ類は全て3点式になっています。好きなスイッチに好きな機能を割り振れます。
私は右肩か左肩のどっちかをフライトモードにします。今回は右肩。
スイッチ番号は本体に刻印してありますので、これを参照しながら容易に設定できます。
液晶はライバル機よりは小さいです。設定する上で不都合は感じませんでしたが、タイマーが飛行中に見にくいのはマイナスです。

ボタンを押しながら起動することで、起動と同時にモデルを呼び出せる機能は便利でしょうね。競技などで重宝しそうです。

以下はサンワだけでなく、プロポのメーカーに対する一般的なお願いです。

・説明書をもう少しわかりやすくして欲しいと思います。
多くの説明書は機能を網羅して記述してありますが、これでは説明書を全部読んでプランを立てないと使えません(もちろん、本来は全部読んで理解するべきでしょうが)。
一般的な機体における代表的な使い方は限られているのですから、そのツアー的な説明をしてくれるといいのではないかと思います。
たとえば、「基本的なF3B・J機のセッティング例」としてどの機能をどう設定していくか、を順を追って紹介するというふうにです。
設定の流儀はいろいろあると思いますが、メーカーが考える標準例はあるんじゃないかと思っています。
説明書とにらめっこをするのは応用的に使いこなしたい人だけでいいと思うのです。

・むしろ機能の名前よりも「何が出来る機能か」を(日本語で)説明書の見出しにした方がいいんではないかと思うぐらいです。家電ではそうなっているものが多いようです(ただ、機能に名前を付けている家電は多くないでしょうが)。
思うにユーザーのやりたいこと= 「こういう動作をさせたい」 と、メーカーによる機能の説明= 「この機能はこう設定します」 との間に空隙が生じているようです。両者の架橋= 「それならばこの機能を使ってください」 がうまくいけばわかりやすい説明書になることでしょう。

・趣味に使う道具ですのであまりぜいたくは言いませんが、説明書にちょっと手間をかけてくれれば多くのユーザーは喜ぶのではないかと思います。ちょっと国語の達者なスタッフが監修するだけでいいと思います。

091020b

現場での識別用に、ステッカー類を貼っています。
背面上部によく用いるオーロラシールを。それから電池のフタの形に合う蛇十字のステッカーを見つけたので、貼ってやりました。
このステッカーは…車を遊園地のアトラクションと勘違いしている者たちの旗印です。

ともかく、一目でわかるようにしておくと便利ですよ。
このプロポは正面にステッカーを貼れるところが見あたらないので、正面の識別をどうしようか考え中。

|

« 歯が鋭い、など | トップページ | 閲覧者の皆様へのお願い など »

コメント

今晩は、サンワ派の私もそろそろ、これにしようか考え中です。あとは受信機の価格が下がってくれれば言うことはないのですが?購入は当然、某るうむさんですね。

投稿: YBK | 2009年10月30日 (金) 23時26分

説明書、まさに仰有るとおりです、
多分、メーカーの技術者が書いているのだと思いますが日本語で書かれた文章とはとても思えません、
私などは、考えるのもめんどくさいので同じ機種を使っている人のモデルをフルコピー、、
リバースとサブとリムをいじくるだけにしています、
使い込まれてネットで情報公開、お願いします。

投稿: ホリウチ | 2009年11月 4日 (水) 09時42分

大変、ご無沙汰しております。

自分もSD-10GをHLGに使ってみました。これまで使用していた某社9ch機に比べて、設定の自由度がはるかに高く、またミキシングのカーブが設定できるなど、かゆいところに手の届くプロポだと思います。

液晶ディスプレイは小さめですが、レイアウトやメニュー階層がよく考えられているので不満はなく、操作性もよいと思います。

機能、操作性、価格、軽量受信機が使用できることを総合すると、グライダー用ベストプロポといってもよいのではないでしょうか。

投稿: osamu | 2009年11月 8日 (日) 11時59分

コメントが遅くなりました。

>YBKさん
ご無沙汰しています。
高級感とかディスプレイの大きさなどはやや見劣りしますが、機能自体はすばらしく充実しています。
私はクラフトるうむで7ch受信機付きを購入しました。

>ホリウチさん
隅から隅までわかっている人が書くとああいう説明書になるんだと思います。
むしろ使い方を覚えたばかりの人が初めて使う人向けに書けばいいのかも知れませんね。
頑張って勉強していますが、私もたいがい無精なものですから、自分が使う以上の機能を覚えることはないと思います…

>osamuさん
Sさんですよね?ご無沙汰しています。
ツリーをまずサフェースやフライトモードに分けてあるのはわかりやすいですね。
ミキシングのカーブポイントの選択に使うキーなど細かい不満もありますが、わたしも現状ではすばらしいプロポだと思います。
受信機も3.7Vに対応しているなど、HLGフライヤーのニーズを理解してくれているのがうれしいです。

投稿: ウエノ | 2009年11月 9日 (月) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歯が鋭い、など | トップページ | 閲覧者の皆様へのお願い など »