« 指のかかりかた | トップページ | 秋の庭 »

2009年10月17日 (土)

比較試験の2

FXを伴って薄暮の市川町へ。
微妙な改良を施されたA5-2が相手です。
もちろん操縦者は岡本さん。
条件は風向きがわかりにくいレベルのごく微風。アーベントがあるかないか。

3-1、1-2(2Rは日没のため2点先取)

高さは勝負中は負けませんでした。
高度は57m(レーザー測距儀で、水平に移行後計測)。
DLiプロトは売っちゃったらしいので勝負できず。

味見した岡本さん曰く
「僕が投げても高い」「過去最高の機体」「操縦が楽」「Hさんに勝てるかも」
ありがとうございます。今だけ天狗になっておきます。

あらぽんもいましたが、まだ相手になりません。
サーマルでくるくる上がれない条件は厳しいでしょう?
こういうときは操縦の繊細さが大きく反映されてしまって、サーマル条件以上に差が付くことがあります。

|

« 指のかかりかた | トップページ | 秋の庭 »

コメント

何気に調子良さそうですね
岡本氏も絶賛してましたよ
とにかく抵抗が少ないって。

こりゃボクでは太刀打ち出来ませんね
おとなしくライダーしてます。

投稿: | 2009年10月17日 (土) 23時07分

↑ 名前入れ忘れた。ゴメン

投稿: ヨシダ | 2009年10月17日 (土) 23時08分

抵抗削減策はたいしたことはしてないんですけどね。
他の方の自作機の方がよほど抵抗源が少ないと思いますよ。
今回の機体の主眼は長く使えるタフさと扱いやすさにあります。

そういえば最近お会いしてませんねえ。

投稿: ウエノ | 2009年10月18日 (日) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 指のかかりかた | トップページ | 秋の庭 »