« 秋の庭2 | トップページ | SD-10G »

2009年10月27日 (火)

歯が鋭い、など


RCの方は大きな動きはありません。
DC-9はタキシングできるようになりました…が、これがあまり効きません。
ノーズにほとんど荷重が乗っていないので、ステアを切ってもそのまま進んでしまいます。
ノーズをフリーにして、メインギヤに片方ずつブレーキを掛けるようにすべきでした。
旋回半径が5m以上という状態で、広い広場なら一応手元に帰れるというだけです。

A4FXは重心を下げました。デッドウェイトを積むのは嫌なので、尾翼マウントに整流カバーを付けました。厚さ2.5㎜の尾翼マウントですが前後がセパレートになっていますので、抵抗源と言えなくはないのです。
整流効果はともかく、重心はやや下がったようで飛行は快適になりました。エレベータが良く効きます。


釣った魚からハリを外すとき、どこを持てばいいか?
これは魚によって異なります。
カサゴやメバル類は下あごを持ちます。各ヒレにはトゲがあって危ないし、歯が鋭くないからです。
さて、日曜日に25cmのイシモチが釣れました。写真はないですが興味ある方は検索してみてください。
見た目から判断してなんとなく下あごをつかんだところ、指が切れました。顔に似合わず鋭い歯をお持ちでした。
考えてみると、下あごをつかんでいい魚の方が少ないのかも知れません。
わからない場合はタオルなどでくるんでつかむといいでしょう。

なおゴンズイやハオコゼ、ウミケムシなどは触らずに糸を切って逃がした方がいいです。
かわいそうですが、毒がありますのでつかむにはあまりに危険です。
フグは皮膚に毒を持つと言われるものもいますが、気にせずつかんでハリを外して逃がしています。もちろん手は洗います。

当日釣れたのはイシモチの他、ハゼ、マダイ、チヌ、アナゴでした。どうも今年は魚の育ちが遅い気がします。
マダイは塩焼きにして研いだ米に放り込んで一緒に炊き、その後鯛だけ取りだして身をほぐします。骨を取り除いて身をご飯に戻して混ぜれば鯛ご飯のできあがり。
イシモチは塩焼きに。
おいしくいただきました。

ところで我家にはここ数年電気炊飯器がありません。
圧力鍋でご飯を炊きます。

|

« 秋の庭2 | トップページ | SD-10G »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の庭2 | トップページ | SD-10G »