« A4FX補足2 | トップページ | テスト続行中 »

2009年10月 4日 (日)

FX初飛行完了

091004a 初飛行前に1枚。初飛行前の撮影は縁起が悪いなんて言う人もいますが気にしません。

天候は快晴、風速2~3m/s。ただし土手越えの風。
しっかりアライメントを出して調整に臨んだので、ジャベリンは1投で済まして早速SAL。

091004b 2投目でサーマルに乗ったので高度200mあまりへ。じっくりフライトモードを調整します。

A4FXの主翼はA4Lと同じ平面型を採用しています。翼型と樹脂の量が異なっています。セッティングはA4Lのものを流用しました。エルロンの効きなどが向上していますので舵角やミキシングをいじって納得行くようにします。

運動性は良好です。デジタルサーボを3個搭載していますので、キレのある飛びが可能です。

少しずつ力を入れ、5投目でフルパワーを入力してみました。
唯一、垂直尾翼がちぎれる可能性が危惧されましたが、ちぎれても過去に何度も生還していますのであまり心配しません。

高度は…これはあらぽんのA5-2をぶっちぎれるでしょうね。伸びから違いますが見かけの大きさが違います。DL-iにも勝てるかも。
ランチ時に自分で聞こえる音が小さいと思いました。
心配したエルロンリンクのカバーの振動は出ませんでした。

特筆すべきは新たに投入した3ペグ(drei-peg)です。
これは直線状のペグの機構上、リリース時に(上下)ほぼ一点(ずつ)に指の圧力がかかることを抑制するために考案したものです。前面型がうねっているだけでなく、側面型も工夫して指から離れる際に円弧状に指に圧力を分散するようにしています。
このため、このペグは後縁が極めて薄いですが、フィンガーガードが不要です。フルパワーでも痛くありません。こんなにいいとは自分でびっくり。
ただし湿度変化による滑りの差を安定させるため、内側にマスキングテープを貼っています。

091004e 約30分の初飛行を終えました。
性能には大変満足しています。
とにかく高い。そして旋回しやすい。低空でもくるくる回ります。
ひとつの指標にしていたDLA3のランチは超えたことでしょう。
レーザーでの計測が楽しみです。

091004f 調整はほとんど済んでしまいました。

|

« A4FX補足2 | トップページ | テスト続行中 »

コメント

ついに完成ですね
かなり調子良さそうでねぇ~
家のFXは未だポッド待ちです。
エルロンホーンは似たような事を考えていたんですが、
いかんせんポットが入手出来ないと可能かどうかも不明ですわ

投稿: ヨシダ | 2009年10月 4日 (日) 16時39分

おかげさまで無事初飛行しました。
ちまちま作ってたのでやたら時間がかかりました。
ポッドは自作しちゃった方が早いかもですよ。

投稿: ウエノ | 2009年10月 4日 (日) 17時58分

いやぁ~ポッドデザイナーとしては
アレを使ってみたいんですよねぇ~

自作するなら良いアイデアがあるのですが、
誰かアイデアだけ買ってくれませんかね~

投稿: ヨシダ | 2009年10月 4日 (日) 18時19分

そういえば新ポッドのデザインはヨシダさんでしたね。
型を渡す前に1本抜いておくべきだったですね~

私の方は市販のための配慮等の制約がありませんでしたので、自己満足だけで作ることができました。
おかげで制作性も積載性も最悪でした。
たとえばデジタルサーボはホーンを下に曲げないとキャノピーに当たります。

わたしもアイデアはたくさんストックがありますが、こうして実用まで行くのはわずかです。

でもエルロンドライブなどはさておき、この機体のハイライトは水平尾翼の平面型の美しさに尽きます。
図面を引いたとき、「このラインに神が降りた!
キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!」と思いました(笑)。
しかも制作段階でも図面をうまく再現できました。
もし機体を手放すことがあっても、水平尾翼は外して手元に残したいと思うほどです。

投稿: ウエノ | 2009年10月 4日 (日) 22時06分

最近DLA4Lを飛ばしはじめた者です。重心の位置 舵角 mixなど教えて頂けませんか?
重心は、かなりの幅でもよく飛びどの辺が良いとこかわかりません
どうかよろしくお願いします。

いつもブログ参考にさせていただいてます。


 

投稿: DLGまにあ | 2009年10月 6日 (火) 16時21分

こんにちは。
A4Lはいい機体ですね。もう1機持てるならA5-2ではなくA4Lの翼がほしいです。

以下のセッティングは今回のFXのものです。以前のA4Lのものは残念ながら見あたりません。
A4Lとは翼型や胴体長、尾翼面積が違いますので、参考になるかどうかわかりませんが…

重心:83㎜ エルロン:↑13㎜↓9㎜ ブレーキ:35㎜ エレベータ:↓10㎜↑14㎜ ラダー:各14㎜
エルロンラダーMIX:フルエルロン→ラダー4㎜ ランチMIX:なし フラップ→ブレーキ:進入速度で急にフルブレーキをきかせてもピッチアップもダウンもしないよう適宜↓

胴体長がA4Lより長いので、重心の変動にはA4L以上に寛容なようです。83㎜はA4Lではやや後ろ過ぎかもしれません。
重心は、Dr.ドレラは操縦性の好みで決めればいいと書いていたと思います。水平尾翼のトリム抵抗は重視しないでもかまわないそうです。

私は神経を使わなくてもぼーっと気楽に飛ばせることを目標にセットします。
どこがおいしいのかわからないと感じる場合は、「急旋回の維持が楽」とか、「遠くから対面で帰ってくるときピッチングに気を遣わなくていい」とかいう要素の落としどころを探る感じでセットします。
ちまちまやらないで一度大きく(5㎜ぐらい)動かしてみるのも手ですが、気をつけてやってください。

投稿: ウエノ | 2009年10月 6日 (火) 23時18分

ありがとうございました!天気がよくなったらウエノさんのセッティングでためしてみます。

投稿: DLGまにあ | 2009年10月 6日 (火) 23時35分

いつも楽しくウエノさんのブログを見せて頂いています。

このごろDL-A4-FXを飛ばしているHACHIと申します。

FXの重心位置、舵角、mixなど公開して頂き本当に参考になりました。
私も今度の週末に試してみたいと思います。

そこで、3つほどウエノさんにFXの質問させてください。

①ランチ、クルーズ、サーマルの各コンディションのエルロンの角度はどのくらいでしょう?
②各コンディションでの舵角は変わりますか?
③各舵には、エキスポは入れていますか?

以上です。
初歩的な質問でお手数おかけします。
よろしくお願いいたします。

投稿: HACHI | 2009年10月13日 (火) 19時08分

HACHIさま
先に書きましたとおり、私の機体は胴体長と尾翼が異なりますのでご注意ください。
特に重心や尾翼舵角、エルロン→ラダーMIXは少なからず純正状態のFXと異なる可能性があります。

さてご質問の件ですが、

①悩ましいところです。
FXはA5-2やA4Lとは違う翼型を持っていますが、その特性は完全にはつかみ切れていません。
さしあたりクルーズを下面フラットとしてランチ/スピード↑1.6㎜程度、サーマル↓2.0㎜としています。
穏やかな条件しか経験していませんが、クルーズの速度レンジが広いようなので、スピードはあまり多用する必要はなさそうです。
したがってランチでの利用を中心とし、現在一番高くなるところを探っています。
サーマルフラップは一応このぐらいが適当かなと思っています。

②変えていません。アクロ以外ではスティックを端まで使うような操縦はまずしませんので、特に舵角を制限する方向での設定はしていません。

③エクスポは使いません。
わたしはスティックのニュートラルスプリングに強く依存した飛ばし方をします。すぐにニュートラルに戻したいことが多いのです。したがって、わずかなスティック入力で動いてほしいのです。

投稿: ウエノ | 2009年10月13日 (火) 20時15分

ウエノさま

HACHIです。

早々のご返事ありがとうございます。
貴重なデータ、本当に助かります。

>特に重心や尾翼舵角、エルロン→ラダーMIXは少なからず純正状態のFXと異なる可能性があります。

了解しました。それを踏まえて重心、舵角、mix、各コンディションを調整していろいろと試してみますね。
今週末が楽しみになってきました。
それで、新たな発見がありましたらまたコメントします。

では、では、

投稿: HACHI | 2009年10月13日 (火) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« A4FX補足2 | トップページ | テスト続行中 »