« むしむしとか | トップページ | A4FX補足 »

2009年10月 3日 (土)

A4FX完成

A4FXがロールアウトしました。
とはいってもA4FXな部分は主翼だけ、他は自作です。

091003a 091003bなぜか新しいカメラのAFの調子が悪く、ことごとくピンボケ。
AFはカーボンの縞々が不得意なのかも、と似たような距離に合わせるなどして撮ってみたのですが。
機体以外の猫とかを撮ってもダメです。
メーカーの窓口、最近廃止されてしまって県内にはないのです。めんどくさー

091003d091003c エルロンは半内装式。ホーンのロッドの先が露出します。
主翼の取り外しは従来の機体と同様に可能で、特段の手数を要しません。
完全内装の手間はただでさえ少ない飛行機会をさらに少なくしかねません。主翼を付けたままというのは邪魔ですし。しかしエルロンリンクはなんとかしてみたい。
こういう要求を満たすべく、胴体とフラッシュサーフェス化したホーン+カバーで処理しました。
工作自体はたいしたことはしていません。

尾翼は取り外しが出来ることを前提としたため、従来方式。
ノーズヘビーの恐れがあったため、構造変更による軽量化をやめました(合計11g)。
垂直尾翼はかなり薄くしたため、若干剛性に不安。タフネスさも要求項目ですので、テストの結果次第では交換します。

091003e 

ここもピンボケです。
先頭に受信機、サーボの後ろに電池(1セルLiPo、500mAh)です。

091003f DLA4-FX

wing span 1490mm
length 1220mm
weight 241g (no ballast)

|

« むしむしとか | トップページ | A4FX補足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« むしむしとか | トップページ | A4FX補足 »