« ついてない | トップページ | -7 »

2009年9月 5日 (土)

後方の席から搭乗

先日搭乗した飛行機はボーイング737-800でした。
737のほぼ最新型で、大きなブレンデット・ウィングレットを装備しているのが特徴です。

エコノミーは単通路を挟んで3-3なのですが、これが搭乗に大変時間がかかります。機内は行列です。
狭い通路に並んで、後方の人が荷物をオーバーヘッドビンに詰めていくのを待ちます。
これが複通路の767とかだと、体感の待ち時間はほとんどありません。
あるいは2-3配置のMD80~90系列でもだいぶましになります。
行列はA320でも同様に起こります。

また、機内持ち込み手荷物のサイズや数を守らない人が多いようで、自席上のオーバーヘッドビンが一杯になってしまうことが多々あります。
これも搭乗に時間がかかる原因になっているようです。
頭上のオーバーヘッドビンが一杯になってしまうとキャビンアテンダントに他の場所の空きを探して詰め込んでもらう羽目になり、降りるときに手間が増えることになります。

ところで同機のエルロンにタブが付いていました。飛行中の動きからしてどうもサーボタブのような?
エルロンはMDのように人力なんでしょうか?あるいはバックアップかな。

などと考えているうちに到着しました。
山地の中の山を削った空港は、地形効果でよく揺れます。
私が操縦していたモーターグライダーならもっと揺れるだろうな、などと想像していました。

|

« ついてない | トップページ | -7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ついてない | トップページ | -7 »