« Pの2:一緒に飛ばしてみた | トップページ | ドック入りのついで+FXの状況とか »

2009年9月18日 (金)

Pの3:追加比較試験

リターンマッチの申し出がありましたので、DLPとDLA5-2の追加比較です。
晴天、風速2~4m/s、サーマル少という条件です。
今回は穏やかでしたので長い時間併走して比較することが出来ました。

その結果、速度を出そうとするとA5-2に先行を許します。
重いのですが加速や高速性能で劣るのは翼端のテーパーが少ないからでしょうか。
またエルロンリンケージが露出していますが、これも差を生んでいる一因として考えられます。
カバーを自作してやるといいかもしれません。

沈下競争では、速度性能よりも差がつきます。勝負で負けた回は何もできないまま終わるという感じでした。
しかしA5-2について行けないというだけで、良く浮かないと評するほどではありません。必要十分な浮きと言って良いと思います。

旋回性能は重心を見直して(75→78mm)かなり改善しました。
75mmではエルロンディファレンシャルをなくしても巻き込むように感じます。78mm以降がいいでしょう。操縦がぐっと快適になります。
この程度重心を後退させてもエレベータが過敏になることはありません。

失速はわりとコロっときます。しかしスピンには意図しない限り入りません。低空では速度を抜かないように注意し、良く効くブレーキをうまく使いましょう。
細かな旋回による高度調整は必要ありません。

ランチは8割弱まで試しました。前回は強風でしたので一度だけフラッターが出ましたが、今回はありませんでした。

前回に続いて勝負しました。
A5-2はランチを手加減(目測45~50m)、こちらもテストのため手加減(目測40m前後)。

結果です(私-あらぽん)

③-1
③-1
2-3
③-0
0-3

また勝ってしまいました。
機体と高度に差があるので、こちらは常に本気です。最後の瞬間まで、胃が痛くなるほど集中しました。
5ラウンド目は必要ありませんが、あんまりなのでやりました。

なお敗戦当事者は度重なる不祥事を受け、厳しい対応を迫られています。

|

« Pの2:一緒に飛ばしてみた | トップページ | ドック入りのついで+FXの状況とか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Pの2:一緒に飛ばしてみた | トップページ | ドック入りのついで+FXの状況とか »