« まだ続くのか | トップページ | Pの3:追加比較試験 »

2009年9月16日 (水)

Pの2:一緒に飛ばしてみた

090916a

PとDLA5-2を一緒に飛ばしてみました。

風速7~8m/s、ガスト、乱流ありサーマル少という難しい条件の中でのフライトとなりました。
したがいまして同時飛行による詳細な比較は出来ていません。感じた差は私の主観です。

DLA5-2はあらぽんの機体です。バラストを積んで約250g。
HL-1Pは約300g。

ランチですが、Pはテスト中なので抑え気味で35m~40m弱にとどめました。
そのままではDLA5-2と20mほどの差が付きますので、あらぽんにはいくらか手加減してもらいました(それでも常にA5-2が5~10m上)。

さあどれだけ食い下がれるか。

結果(私-あらぽん)

2-3
③-2
③-2
③-0
2-3

勝ってしまいました。

A5-2がどこか悪いのかと触らせてもらいましたが、そんなことはありません。良く飛びます。浮きも走りも(当然ランチも)A5-2が勝っています。

Pは沈下性能も高速性能も操縦の容易さもA5-2には一歩譲ります。
しかしランチは素直ですし、ブレーキは良く効くので安全な着陸進入が可能です。これは機体を損傷する可能性を減らす意味でとても重要です。
性能が競技用機に及ばないと言っても、今回のように上級機フライヤーに一泡吹かせることは十分に可能です。

ところで、今回の負けっぷりはもはや不祥事ですよあらぽん。
こちらが低いのですから、今回の負けは全て逆転です。
理解して精進してください。

|

« まだ続くのか | トップページ | Pの3:追加比較試験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まだ続くのか | トップページ | Pの3:追加比較試験 »