« ハードセイル | トップページ | 近況 »

2009年8月10日 (月)

雨の日本海

土曜日夕方から友人と日本海(北条砂丘)で釣りをしてきました。
シロギスの群れが接岸しており、岸から10m以内でどんどん釣れます。
釣れたキスに針を付けて投げ込んでおくと1m近いダツが2尾釣れました(1尾はリリース)。

土曜に釣れたキスとダツは釣り場でおろし、キスは宿舎でてんぷらに。
ダツは冷凍して持ち帰りました。

日曜は早朝から釣り始めましたがすぐに大雨に。
大雨と同時にキスの群れが回遊してきて、岸から5mで入れ食いです。
寒くなったのでいくらか確保したところで退散しました。

帰りに温泉に浸かり、食事をしていたのですが、ちょうどそこに石破茂農水大臣が表れてびっくりしました。地元なのは存じていましたが。

ダツは5枚おろしにして丁寧に小骨を取り除き、キスとともに天ぷらにしました。
これが大変美味。はっきり言ってキスよりおいしかったです。
なぜか食味の評価の低い魚のようですが、これは不当です。
また、中落ちはだしを取るとこれまた極めて上品で美味。何の臭みもありません。
最高のお吸い物になりました。
なお、ダツの骨は鮮やかなエメラルドグリーンで、見慣れないとちょっと怖いかも知れません。
しかし実はサンマの骨も青いものがありますよ。

ダツが釣れた場合は釣り場で頭と内臓を取り除き、背骨の脇の血を良く洗い流しておくとよいでしょう。

|

« ハードセイル | トップページ | 近況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハードセイル | トップページ | 近況 »