« 近況 | トップページ | ついてない »

2009年8月21日 (金)

HL-1DLi

090820a市川町にて愛ちゃんことDLiを味見して来ました。
ハンドランチを飛ばすのは前回ここに来て以来、なんと2ヶ月ぶりです。

私は機体がありませんので、DLiと同行したあらぽんのA5-2を交互に借りました。
岡本さんとの勝負は2セットダウン。さすがになまっています。また心身共に充実しているときに勝負してください。

iはイノベーションのiです。長く続いたアドバンスのAと決別したようです。

090820c さてDLi(260g)のインプレです。
まずはランチ高度。
私とあらぽんがともに60mを記録しました(Nikonレーザー測距儀で水平飛行時に実測)。
一方A5-2(240g)は52m前後、最高54~55mです。DLiはA5-2を寄せ付けません。
写真は最高のランチが出来たときの数値ではありません。なお高度に目線の高さ(1.5m程度)を加えてください。

090820b DLiの旋回はラダーの必要量が少なく、気持ちよく回ります。カクカクすることがありません。

おいしい速度レンジが広いため、当初は「はっきりしない機体」という印象を受けました。
そこでA5-2を飛ばすと、おいしいレンジが狭く感じます。DLiは速度に気を遣わずダラダラ飛ばしてもあまり沈下していません。
これは怠け者にはいい!

後から気づいたのですが、実に扱いやすいのです。気になったのはむしろ慣れないSD-10Gのホールド感だけで、機体の方はいきなり自分のもののように扱えていました。
とんがってないところがすごい機体です。
高速ローパスしてもらいましたが、風切り音はすごく小さかったです。

重量は30gほど軽量化が可能ということでした。
ただし生産は未定ということです。

(ところであらぽんはもっと精進してください。)

|

« 近況 | トップページ | ついてない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近況 | トップページ | ついてない »