« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月29日 (月)

早朝の海

海水浴シーズンには早いのですが、今朝出かけた牛窓海水浴場は売店が開いていましたた。
キスのシーズンインで砂浜も突堤も朝からわりと人がいます。
とはいっても30mおきに並ぶ程度です。

6時から竿を出すこと1時間、餌取りに苦しみながら4尾のシロギスを確保。
エサがなくなったので岩場に移ってルアーを試したもののアタリ無し。

キスはポイントが4~5色(100m以遠)とやや遠く、まわりのちょい投げの家族連れが釣れていないのがちょっとかわいそうでした。
波打ち際近くまで来るのはもう少し先でしょうか。
松葉おろしにし、天ぷらにしてそばといっしょに食べました。

090525a 写真は牛窓付近の参考画像(5月下旬)。場所もちょっと違います。
写っているのは私じゃなく友人の歯科医。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

フィールドで簡易なチェック

あまりないことですが…
フィールドでふと取付角に疑問が生じたときに一応の目安となるチェック方法です。
経験の少ない方の新造機を初飛行前にチェックすることになった場合などに使えるかもしれません。

一応AG4X系に限ります。

①まずフラップのニュートラルを出します。

②手を伸ばすなどして主翼を前から見ます。

③A:主翼の前縁(の先端)、B:主翼上面の地平線(みかけの上端)、C:下端(フラップの端)に着目します。

④機体を前後に傾けて、あるいは頭を上下に動かして、「AB:前縁から地平線までの距離」と「AC:前縁から下端への距離」が等しく見える角度が、「だいたい目線に対して主翼基準線が1.5°ぐらい」の状態になります。

⑤この状態でテールパイプの角度や尾翼をチェックしてみてください。

(この目線とゼロトリムの水平尾翼が平行で、かつ重心が常識的ならまず初飛行でおかしな挙動はしない、と思っています)

※目線からパイプや尾翼が上下にずれている場合は注意が必要です。

あくまで一応の目安にすぎません。
フライングテール機のチェックには特に便利かも?

雑な方法ですが、利点はあまり乱視に影響されないことです。
私は乱視がありますので、わずかな角度について自分の目は全く信用できないのです。

保証の限りではありませんのでご注意を。

| | コメント (0)

2009年6月17日 (水)

写真は後ほど(写真追加)


クラフトるうむ滑空場にて3抜け競争(最下位3回で敗退)を行いました。

D7911deb




<参加者、使用機>
岡本     A5-2(?g)、A5-2改?(?g)、A4FX(260g)
ウエノ    A5-2(194g、バラスト込み210g)
あらぽん  A5-2(220g)

A520617 Fx0617

A5-2(左)、A4FX(右)


<成績(ラウンド)>
岡本  2
ウエノ 2
※あらぽんは4ラウンドとも最初に敗退

梅雨ですが晴れ、風向は北のち南。微風~5m/s。
サーマルは少なく、小さく、弱い。
ドローわずか1回という、見た目よりも厳しい条件での戦いでした。

あらぽんは昨日完成したばかりの最新鋭機DLA5-2を駆り、開始1投目はトップ。
今日は終始ランチで最も高い位置にいたものの、結局4ラウンドとも最下位に沈みました。
機体性能は互角だったと言えます。純粋に技量の差で敗れたということになります。
ただ事実上今年初フライトだったことを考えれば上出来かもしれません。決して蚊帳の外ではありませんでした。

私は微風の1ラウンド目はノーバラスト。軽量を生かして小さなサーマルをつかまえ、なんとか勝利。
2ラウンド目以降は風に対応してハーフバラストを搭載しました。
しかしA4FXの脚を生かした大きな飛行について行けず2、3ラウンドは敗退。
4ラウンド目はリーチがかかった状況からまたも低空の小さなサーマルをつかんで逆転し、辛くも2-2の引き分けに持ち込みました。
このときはサーマルコアがあまりに小さいために60°ほどのバンクを維持し、フラップが足りずブレーキも使いました(ブレーキと言っても20㎜しか下がりません)。

言い訳をすれば2ラウンド目は汗で溶けた日焼け止めが目に入ったため、終始片目で飛ばす羽目になりました。反省。

岡本さんは機材トラブルで最適の機材を使えず1ラウンドを落としました。
2、3ラウンドはA4FXの特性を生かした飛びで快勝。
しかし4ラウンド最終投で引き分けを許した上、屈辱の池ポチャを喫しました。

久しぶりの飛行で、わりと納得いく飛行ができました。
最後の飛行機会にすばらしい性能を示してくれたA5-2はそのまま売却。
代わりにA4FXのキットを迎え、現在飛行可能なDLGはなくなりました。


高度競争(ニコン製レーザー測距儀を使用)

あらぽん 58m(A5-2ウエノ機;プロポ無し投擲のみ)
ウエノ   53m(A5-2ウエノ機;プロポ込み)
岡本    48m(A4FX)

代投モードのあらぽんの無敵ぶりがすごい(笑)
彼に投げてもらう方は分解を覚悟してくださいね。
私がただひとり、機体を壊されるかもと恐れる男です。


写真は後ほどあらぽんにもらって掲載する予定です。

| | コメント (6)

2009年6月15日 (月)

最近のわたくしごと2


現在作業環境が悪く、そのせいもあってグライダー関係は充実してません。
飛ばす方もまったくです。
もうすぐA4FXを入手しますので、その際はまた製作記を作るよう努力してみます。


阿藻珍味という会社の尾道ラーメンをたまに買って食べます。
このあたりではスーパーでも売られているのです。安くはないのですが、おいしいですよ。
ご注文される方はゆで時間が短いのでご注意下さい。
万能ネギとメンマがよく合いますのでご用意下さい。


食べ物ネタが続きますが、裸祭でちょっと有名な西大寺の名物、「笹の葉せんべい」のおいしい食べ方を見つけました。
このせんべい、知り合いの美容師さんからいただいたのですがあっさりとした甘みで飽きません。
神戸・有馬の炭酸せんべいを小さく厚くしたような感じでしょうか(炭酸せんべいも好物です)。
そのままでもいいのですが、これにちょっと塩味のきいたクリームチーズを塗るとなんだか高級スイーツのような味わいになります。
似たようなせんべいは各地にあると思いますので、お試し下さい。


さらに食べ物ネタ
テレビでアイスにバルサミコ酢をかけるとおいしいとかやってたらしいですね。
真似した人の反応を見て、真似してみました。

…俺のアイス返せよ

バルサミコ酢は日常的に水で割って飲んだり愛用してますが。
アイスにかけるなんてありえません。
この酸っぱさは腐ったものを食べた感じに近い。
ボツ。


クルマが修理から帰ってきました。
ステアリング時のギコギコ音もなくなって快調です。
さあ次はどこの異音を直そう…


知り合いの子供の誕生日に、ユニオンのライトプレーン(主翼が発泡のモデル)をあげました。
一緒に組立てて近所の広場でとばしましたが、わりとよく飛びます。
販売元は新たにユニオン・モデルとなっています。


長いつきあいの妹分がめでたく入籍することになり、お祝いを考えています。
歳は一回り離れていますが本当の妹のような関係なので、かえって何を贈るか悩みます。

| | コメント (0)

2009年6月 7日 (日)

最近のわたくしごと


20090607123205

瀬戸大橋を渡って四国へうどんを食べに行きました。
家から坂出まで1時間弱。1300円也。…1000円じゃないんだ?

高松市とまんのう町のうどん屋をはしご。
お気に入りの栗林のうどん屋は休みでした。うどん屋は日曜定休が多いので要注意です。
坂出にも立ち寄ったのですが、連れの用事をこなしたのでここではうどん屋に立ち寄らず。
おみやげを買うつもりだった日の出製麺所

写真は帰りの瀬戸大橋。今日は良い天気。
今回の脚、連れのMINI・クラブマン(6MT)が快調に飛ばします。
さすがBMW製。いいクルマです。
しかしこのクルマのRギヤ配置は気に入らない…

四国に出かけたのはちょっとひさしぶりです。
以前は弟が住んでいましたので、大串半島などによく釣りに行ったものです。


事故でDLA4を除籍。
代わりにA4FXを導入し、1機体制とすることにしました。
A4のようなタフネスさを期待できるFXを1機だけ持つこととして、温存のため普段出番のなかったA5-2は手放すことにしました。


おいしいアイス発見!
森永の「チーズスティック」です。主にコンビニで売られているみたい。


週2回・2時間ずつ泳ぎ&水中ウォーキングをしています。
しかし本番の夏を前に腰痛が発生。去年も水泳では腰痛・膝痛と肉離れに苦しめられました。
泳ぐのは言われているほど体に優しくない気がします。


クルマのステアリングから異音。
ショップに診てもらうと、どうもFスタビのリンクが原因らしいとなって現在部品待ちです。
暖まると鳴る、ゴキゴキ言う、等の症状からまっさきにブッシュを疑っていたのでラッキーか。


先週近所をクルマで走行中、立派なケブラー直貼りのDLGを持って移動中の人を見かけました。
お近くにお住まいなんでしょうか。
ちょっとびっくりしました。


最寄りの滑空場に最近ASK-18がいるそうです。
知ってれば塗装の参考にしたのになあ…
でも好きな形の機体なので、ぜひ見に行かねば。


よく入浴のみで利用してた市内の温泉旅館に「管理物件」の看板。がーん。
お湯が良くて気に入ってたのに…

| | コメント (3)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »