« 無の境地 | トップページ | 話題がない »

2009年5月 8日 (金)

別れの朝

Ku 雨上がりの朝、飼い猫のクー(♀、3歳2ヶ月)が亡くなりました。

2月から体調を崩し、その後リンパ肉腫と診断されていました。
白血病を持つ猫には多い病気だそうです。
この子も、親から白血病をもらっていたのです。

素直で無邪気で運動神経抜群で、カナリアのようなソプラノで鳴く猫でした。
人見知りしないので、家を訪れる子供たちにも愛されました。

嚥下障害のせいかながらく鳴きませんでしたが、早朝に一声にゃあと鳴いてくれました。

もう苦しくない。もう痛くない。
たぶん。

最後に残った一匹は今のところ元気で、ちょうどいま発情期で叫んでいます。
連日の徹夜看病もひとまず終わりです。

|

« 無の境地 | トップページ | 話題がない »

コメント

クーちゃんのご冥福をお祈りします。

投稿: nabe3 | 2009年5月 8日 (金) 12時30分

ご無沙汰しています~

野良出身の猫の命が長くないのは覚悟しているのですが、死に別れるつらさは慣れないものです。

投稿: ウエノ | 2009年5月10日 (日) 00時16分

クーちゃん
残念ですね・・・重い病気を背負っていたんですね・・・
僕も以前野良を飼っていましたが最後に会ったときはラジコンを飛ばして帰って来たときに田んぼの斜面に固まっていました・・・何度も名前を言っても鳴いてはくれませんでした・・・そう思うと猫をもう一度飼いたいような飼いたくないような微妙な気分です・・・

投稿: アラキ | 2009年5月11日 (月) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無の境地 | トップページ | 話題がない »