« おいしいカレー | トップページ | 規格外 »

2009年1月18日 (日)

DLA5-2 製作補足4

エルロン切り出し作業についてです。

私はVカットしませんので1回しか切りません(あとでコアをつぶすためにコアとスキンの間にナイフは入れますが)。
※一動作で切るという意味ではありません。10回ぐらいカッターでなぞります。

このカット作業はコアを凹ませずに行えればベストですが、経験上どうしても凹みます。
なので、極力凹ませないように努力した上、カット後に低温でアイロンをかけて凹みを直してしまいます。
要はごまかせればいいんです。

ヒンジの加工はその後行います。ここで凹ませたときも逐次アイロンで直します。
最後にアイロンをかけないのは、舵面側の角を丸めたのまで戻ってしまうからです。

★直貼り部材に対してアイロンを使う場合の温度設定は重要です。
安易に主要部材で試さず、必ずテストピースでなどで行ってください。
アイロンはさっとなでて凹みが直らなければそれまでです。あきらめてください。
温度超過で荒れてしまった場合もそれまでです。

※なお、A5-2を運用していて感じました。

・尾翼はバルサリブ組みの方が良い
・尾翼リンケージは糸の方が良い
・ペグは(200g前後であっても)パイプの方が良い
・プロポは軽い方が良い

次回作はこれをふまえた仕様になるでしょう。
今のA5-2も余裕ができ次第バルサ尾翼に変更します。
プロポは現状のPCM9XIIからRD8000に戻す予定です。
PCM9XIIは片手で掴みづらい、ランチ中に親指付け根でスイッチを押してしまう、タイマーが見えにくい、などの点が気になり、SAL機での使用感になじめませんでした。
アンテナのイナーシャが大きい点は2.4GHzにすれば除去できるのですが。

|

« おいしいカレー | トップページ | 規格外 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おいしいカレー | トップページ | 規格外 »